2017/6/13

京を見る!26.土佐の長曽我部盛親公の墓のある蓮光寺!  文化財研修記

京都市下京区富小路通六条上ル本塩竃町には浄土宗知恩院派で本尊は阿弥陀如来(快慶作と伝えれている。)を祀る蓮光寺(れんこうじ)がある。1492年、真盛上人を開基とし、高野山の苅萱堂を模して下京区新町高辻に草庵を結んだのが始まり。当初は天台宗。1591年、秀吉の命により現在地に移転し蓮光寺と改めた浄土宗となった。度重なる火災により焼失、現在の建物は1983年の再建。境内の地蔵堂には平清盛公が駒を止めたという駒止地蔵尊が祀られている。又、関ヶ原の合戦で破れ、六条の河原で切られた土佐の長曽我部盛親公の首は蓮光上人によってこの蓮光寺にお墓が作られた。

1.山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.山門前にある「長曾我部盛親公の廃首の地碑」
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.山門から本堂を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な本堂です!
クリックすると元のサイズで表示します

6.正面は本堂、左は庫裏です!
クリックすると元のサイズで表示します

7.本堂の蟇股(かえるまた)が見事です!
クリックすると元のサイズで表示します

8.長曾我部盛親公の首墓
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ