2017/1/31

徳島・讃岐を見る!22.菅原道真公が讃岐の国司の時の官舎の地に建てられた滝宮天満宮!  文化財研修記

現在の香川県綾歌郡綾川町滝宮1314には光孝天皇の御代、仁和2年(886)正月16日、菅原道真公が御歳42歳のときに讃岐の国司に任ぜられ、 同年4月御来任、阿野南条郡滝宮の官舎に住まわれました。現在の神社境内地はその官舎跡だと伝えられています。菅公はご来任間もなく国中を巡視し、つぶさに民の疾苦を問い、国民を撫育して大いに実績をあげ、教育や勧業その他にわたって仁政を施されました。特に、教育には意を注がれ、聖廟(せいびょう)を建て、 孔子の像を祀って子弟を教育されました。 字川西喜来(あざかわにしきらい(地名))の孔聖神社、現在の権現神社はその遺跡に建てられたものであります。 宇多天皇の仁和4年には、麦も枯れ、田植も出来ぬ有様で国民の困窮は記語に絶するものがあったと伝えられています。この時菅公はこの人民の苦しみを救うため、自ら身命を賭して城山に登り断食七日七夜、一身を神の捧げて祈雨の願文を奏して人民の困苦を救済することを祈り給いました。すると菅公の祈りが通じて待望の雨が三日三晩降り続きました。慈雨に喜ぶ国民は老若男女を問わず、国司の邸に郡集し歓喜の余り踊り舞いつつ、菅公に感謝を表したそうです。 寛平元年(889)7月の頃国内に疫病流行した際には、菅公自ら病家を訪ねて医薬につかせ、また、一方般若心経を手写しして龍燈院に納め、息災護摩を修し、防疫に尽くされたので効験著しく、人民はことごとく菅公の仁政に感涙したと伝えられて います。公任満ちて菅公はご帰京にのぞみ、国民は皆父母を慕う如く別れを惜しみました。慶安元年(1648)、松平家初代頼重公のとき、菅公の功績を讃えて、毎年社前に執行する念仏踊りは大変貴重な神事として非常に尊敬し、十分に保護する必要があるとして高札(こうさつ)をだされ、最も厳粛に踊りを執行されました。 現在、滝宮念仏踊は国指定重要無形民俗文化財に指定されています。仁孝天皇の文政5年(1822)、崇敬会の有志の者より寄進を受け本殿、拝殿、玉垣等を始め諸建物の増改築を行いました。その美しさは当国無比といわれましたが、明治6年、社殿は西讃の暴徒により焼失。当時は西讃の暴徒が蜂起(ほうき)してあちこちの役所を焼去しており、当時天満宮の西隣にあった龍燈院の一部を役場として使用していたため同年6月28日、類焼の厄に遭い荘麗を誇った社殿は惜しくもその一切を焼失しました。 明治21年に再び四方崇敬者の寄進によって再建され、現在の社殿はこの時のものであります。(インターネットの記事抜粋)


1.琴電高松築港駅内
クリックすると元のサイズで表示します

2.築港駅発8時00分3両編成の特急電車
クリックすると元のサイズで表示します

3.琴電滝宮駅8時43分着
クリックすると元のサイズで表示します

4.徒歩約10分で滝宮八幡宮に至る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

6.神門
クリックすると元のサイズで表示します

7.当社が四国相撲の発祥地なので土俵がある!
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.駒札「知っていましたか?」
クリックすると元のサイズで表示します

10.拝殿への石段参道
クリックすると元のサイズで表示します

11.見事な阿形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

12.見事な吽形の狛犬
クリックすると元のサイズで表示します

13.ミニミニなで牛
クリックすると元のサイズで表示します

14.七福神の内、当社は福禄寿で有名!
クリックすると元のサイズで表示します

15.見事な拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

16.拝殿をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

17.本殿を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

18.七福神
クリックすると元のサイズで表示します

19.摂社の子守社
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ