2017/1/25

徳島・讃岐を見る!19.四国を代表する大名庭園・栗林公園!  文化財研修記

栗林公園は、至便な高松市内の中心部に位置し、広大な自然環境の中、緑豊かな紫雲山を借景にし、変化にとんだ庭景は「一歩一景」を演出している。紫雲山の麓に広がるこの名園は、廻遊式大名庭園として名高く、国の特別名勝に指定され、近年では権威あるミシュランで、「わざわざ旅行する価値がある」を意味する三つ星に格付けされるなど、国内のみならず海外からも高い評価を得ています。栗林公園は四国を代表する天下の名園であります。掬月亭 栗林公園もあります。栗林公園の始まりはまず16世紀後半、まず、「栗林荘」として当時の豪族佐藤氏によって築庭された。その後、讃岐領主の生駒氏によつて造園され、高松藩主松平家へと歴代藩主によって本格的な修築が始まり整備がされていきました。面積においては全国に36ヶ所ある特別名勝のなかでも、日本最大の広さを誇り、敷地面積は、約75万平方メートルに及び300年以上の歴史のある日本式の南庭と明治以降に整備された洋風の北庭に分かれ、自然美と造形美が融合した四国で唯一の回遊式大名庭園である。南湖では毎日、周遊和船「千秋丸」が周航しています。この和船で南湖を約25分かけてゆっくりと一周する船遊びができます。航路周辺の見所を船頭の解説を聞きながら楽しむことができます。

1.栗林公園入口(大昔を含めると4度目の入園です。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.現在地
クリックすると元のサイズで表示します

3.栗林公園地図
クリックすると元のサイズで表示します

4.お手植松群
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な松
クリックすると元のサイズで表示します

6.北湖の一部
クリックすると元のサイズで表示します

7.橋と散策道
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事な黒松
クリックすると元のサイズで表示します

9.下記をクリックして、「音声付動画」で栗林公園と借景の紫雲山や掬月亭を見て下さい!
https://youtu.be/zQiVxZ7CqFs

10.掬月亭と五葉松
クリックすると元のサイズで表示します

11.根上り五葉松
クリックすると元のサイズで表示します

12.湖の一部
クリックすると元のサイズで表示します

13.同上
クリックすると元のサイズで表示します

14.渚山
クリックすると元のサイズで表示します

15.古理兵衛の九重塔
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ