2017/1/23

徳島・讃岐を見る!18.真言宗御室派で四国88ヶ所第83番札所の一宮寺!  文化財研修記

高松市一宮町607には真言宗御室派の古刹で四国88箇所霊場の第83三番札所の一宮寺(いちのみやじ)がある。ご本尊は聖観音様です。ご詠歌は「 讃岐一 宮の御前に 仰ぎ来て 神の心を 誰かしらいふ」です。寺伝によれば、義淵により大宝年間(701−704)に大宝院として創建され、後に行基が一宮寺と改めたという。その後大同年間(806−810)に空海(弘法大師)が伽藍を整備し聖観世音菩薩像を刻んで本尊として安置したと伝えられる。江戸時代までは隣接する讃岐一宮である田村神社の別当寺であったが、延宝7年(1679)に時の高松藩主である松平頼常によって神仏分離が行われ、現在に至っている。

1.山門(仁王門)
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な山門をアップで見る!奥に一対の仁王像が見える!
クリックすると元のサイズで表示します

3.山門の両脇には巨大な草履(ぞうり)が掲げられている。
クリックすると元のサイズで表示します

4.山門から本堂を望む!
クリックすると元のサイズで表示します

5.大師堂
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

7.見事な本堂
クリックすると元のサイズで表示します

8.薬師如来様
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ