2017/1/15

徳島・讃岐を見る!14.舟だんじり祭りで有名な四所神社!  文化財研修記

徳島県徳島市福島には舟だんじり祭りで有名な四所神社(ししょじんじゃ)がある。徳島市中五社の一つで、近代社格では郷社。「福島の明神さん」として親しまれている。御祭神は武甕槌神、天児屋根神、比売神、斉主神。奈良の春日大社と同じ御祭神で、春日神社とも呼べる。春日神の神使である鹿に関わる伝承が残っている。“ 大同2年(807)、徳島市津田町の沖合に亀島と呼ばれる島が存在し、島内にある祠には二頭のシカが飾られていた。ここに毎日お参りに訪れていた老夫婦の夢に神様が現れ、「シカの目が赤くなったら島が沈むので、シカを連れて逃げなさい」と言った。この話を聞いた若者がいたずらでシカの目を赤く塗ったため、老夫婦は急いでシカを船に乗せて逃げた。しかしその晩、本当に大津波が島を襲い島は沈んでしまった。その後、老夫婦は自分たちを救ってくれたのはシカのおかげだと思い、シカを祀ったのが当社の起源だという。旧阿波藩主崇敬社であり、『寛保改神社帳』に「福島四所大明神 神主福島榊本頼母」とある。『阿波名勝案内』にも記載がある。明治3年(11870)に郷社に列した。7月8日・7月9日が夏祭で、10月27日・28日が秋祭。秋祭には船だんじりがある。徳島藩の船団を模したと言われるもので、地元の船大工達によって造られた。「とくしま市民遺産」。境内社に、天神社・醫王神社がある。境内の大松が御神木で、樹齢350年以上といわれている。市指定木第一号で、フクロウの木と呼ばれ、昭和48年(1973)頃までは常に巣を作っていたという。

1.四所神社
クリックすると元のサイズで表示します

2.玉をくわえる阿形狛犬が2つ並んでいる!
クリックすると元のサイズで表示します

3.反対側には吽形の狛犬が2つ並んでいるのは珍しい!
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な拝殿の彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

6.摂社群
クリックすると元のサイズで表示します

7.同上
クリックすると元のサイズで表示します

8.摂社の天神社
クリックすると元のサイズで表示します

9.天神社前の御神木で推定樹齢350年以上の大松「フクロウの木」
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

10。秋祭りの「舟だんじり祭り」を「動画」で見たい方は下記をクリックして見て下さい!
https://youtu.be/T2OjhuBAmJA



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ