2016/9/30

山形・仙台を見る!3.国の重要文化財となっている第2代の山形県庁・山形県郷土館「文翔館」  文化財研修記

文翔館(ぶんしょうかん)は、山形県山形市の中心部にある国の重要文化財「山形県旧県庁舎及び県会議事堂を修復・利活用している施設の愛称。正式名称は「山形県郷土館」。日没から21:30までライトアップが行われている。大正5年(1916)に、第2代の山形県庁舎および山形県会議事堂として、イギリス・ルネサンス様式を基調としたレンガ造りで建てられた。設計は、米沢藩出羽国領・米沢(現・山形県米沢市)出身の中條精一郎を顧問とし、現・東京都出身の田原新之助が担当。同一人物の設計による同時期の建築ながら、旧県庁舎の方は外壁に山形県産花崗岩を用いているため、両者の外観の印象は異なる。 文翔館(第2代山形県会議事堂、第2代山形県庁舎)および前庭の県政史緑地。現在は、議場ホール(約250収容)、中庭、2つの会議室、8つのギャラリーが貸し出されている。また、文翔館の前庭にあたる南側には、1.6ヘクタールの面積に日本庭園・噴水・石張りの広場などを備えた「県政史緑地」(地図)が整備されている。文翔館と県政史緑地は別の施設であるが、一括して1つの指定管理者が管理・運営をしており、県民活動の場としての利用のほか、コンサートやライブ、その他屋外イベントが行われ、中心部の集客装置として機能している。なお、山形テルサを本拠とする山形交響楽団が、文翔館を練習場および小規模なコンサートの会場として利用している。

1.文翔館入口
クリックすると元のサイズで表示します

2.文翔館
クリックすると元のサイズで表示します

3.玄関ホール
クリックすると元のサイズで表示します

4.館内図
クリックすると元のサイズで表示します

5.館内その1.
クリックすると元のサイズで表示します

6.館内その2.
クリックすると元のサイズで表示します

7.館内その3.
クリックすると元のサイズで表示します

8.館外から2つの建物を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.見事な庭園です!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ