2016/3/1

豊後・阿蘇を見る!20.大分県立歴史博物館!  綾部の滝

大分県立歴史博物館(おおいたけんりつれきしはくぶつかん)は、大分県宇佐市大字高森字京塚の「宇佐風土記の丘」内にある歴史博物館です。
 昭和56年(1981)の宇佐風土記の丘の開設に伴い、敷地内に、「うさ・くにさきの歴史と文化」をテーマとする大分県立宇佐風土記の丘歴史民俗資料館として開館した。その後、平成10年(1998)4月に名称を大分県立歴史博物館に改め、同10月には常設展示室を増設するとともに、展示内容の刷新、情報システムの整備を行って展示をリニューアルした。
 館内では、宇佐神宮や国東半島の六郷満山(六郷山)の八幡・仏教文化などを中心に、大分の歴史・文化に関する体系的な常設展示が行われており、国宝の富貴寺大堂、臼杵磨崖仏、重要文化財・史跡の熊野磨崖仏の実物大複製模型等が展示されている。
また、大分県立歴史博物館がある宇佐風土記の丘は、九州有数の大規模な古墳群でもあります。

1.大分県立歴史博物館
クリックすると元のサイズで表示します

2.宇佐風土記の丘案内図
クリックすると元のサイズで表示します

3.博物館に入るとすぐに目につくのは熊野磨崖仏でした!(ここは別途記事で掲載しています。)
クリックすると元のサイズで表示します

4.富貴寺大堂内(ここは撮影禁止でしたので、模造ですが見事なものです。)
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な国宝の臼杵磨崖仏(同寸大の模造ですが、ここへは行けてないのでこれで我慢します。)
クリックすると元のサイズで表示します

span style="font-weight:bold">綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ