2015/8/29

家康公400年祭!2.国重文の楼門・本殿・幣殿・拝殿をもつ六所神社!  文化財研修記

岡崎市明大寺町耳取44には 塩土老翁命(安産の神様)、猿田彦命、衝立船戸命、太田命、興玉命、事勝国勝長狭命など15柱を祀る六所神社(ろくしょじんじゃ)がある。37代斎明天皇(655〜661)の勅願により、奥州塩竃六所大明神(おうしゅうしおがまろくしょだいみょうじん)を勧請され、神領をご寄進のうえ創立されたと伝えられている。その後、50代桓武天皇(781〜806)の御世「田村麿将軍」が東夷征伐のためご下向なさる折にご祈願、天皇に奏聞、勅許のうえ再建され「六所大明神」の勅額を下賜された。時代は降り松平氏が三河入国以来、代々崇敬厚く天文11年(1542)12月26日岡崎城にて竹千代君(徳川家康公)ご誕生の折には産土神としてご拝礼になった。慶長7年(1602)には家康公よりご朱印状を下され、石高62石7斗を贈られ、同9年(1260)社殿ご造営のうえご神器の品々をくだされた。後に3代徳川家光公も寛永11年(1634)ご上洛の折に岡崎城にて遥拝され、御名代松平伊豆守を社参され100石を加増された。その朱印状には「六所大明神は東照大権現降誕の地にある霊神なり、是を以て崇敬他と異なり。」とある。更に家光公は同11年から13年(1634〜36)にかけて、御普請奉行本多伊勢守と神主大竹大膳久次により社殿および神供所をご造営された。この時に本殿、幣殿、拝殿を連結し華麗な彩色を施した権現造の社殿が完成。やや遅れて貞享5年(1688)に楼門が建てられ、現在ではこれらの社殿と御神体を納める御厨子6基、社殿の棟札6枚と共に国の重要文化財に指定をされている。

1.六所神社標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.六所神社参道
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な一対の燈籠と鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な参道
クリックすると元のサイズで表示します

7.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

8.葵の紋付神馬像
クリックすると元のサイズで表示します

9.国重文の楼門!
クリックすると元のサイズで表示します

10.楼門をアップで見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

11.楼門の見事な彫刻の一部
クリックすると元のサイズで表示します

12.見事な国重文の拝殿です!(一部修復工事で撮影不可能でした!)
クリックすると元のサイズで表示します

13.国重文の幣殿から本殿を見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

14.三晃大黒神社
クリックすると元のサイズで表示します

15.三晃大黒様
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 





コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ