2006/11/30

庭園日本一「足立美術館」  文化財研修記

11月27日(月)庭園日本一の「足立美術館」を訪れた。20年前は春は2回横山大観の名画を多数展示していることで有名であり、又、他に橋本関雪、美人画で有名な上村松月等を見たくて見学したのであった。所が、ある新聞に掲載された記事では、アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング誌2006年5・6月号」が発表した、「日本庭園ランキング」において、当館の庭園が全国731ヶ所の候補地の中から4年連続で「庭園日本一」に選ばれているではないか。このランキングは日・米・豪の専門家が選ぶもので「細部に至る維持管理は造園の大傑作である」との評価から日本一に選出された。この庭園と美術館を創設した足立全康氏については次回紹介するが、因みに、ランんキング1位はこの足立美術館(島根県安木市)、2位桂離宮(京都市)、3位山本亭(東京都)、4位無鄰菴(京都府)、5位栗林公園(香川県)、6位清流園(京都市二条城内)、7位摩詞耶寺(静岡県)、8位二の丸庭園(京都市二条城内)、9位石亭(広島県の旅館内)、10位三養荘(静岡県の旅館内)、11位武家屋敷野村家(石川県)、12位康国寺(島根県)、13位蓮華寺(京都府内)、14位玉堂美術館(東京都)、15位頼久寺(岡山県)である。次回も続き日本一の庭園の「足立美術館」を掲載します。

庭園日本一「足立美術館」入口
クリックすると元のサイズで表示します

苔庭
クリックすると元のサイズで表示します

案内する「足立全康像」
クリックすると元のサイズで表示します

生の額絵
クリックすると元のサイズで表示します

枯山水の庭
クリックすると元のサイズで表示します

迎賓の庭
クリックすると元のサイズで表示します

順序が変わるが「足立全康像」の次の庭
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ