2015/4/30

湖北の文化財・史址を見る!21.伊香郡の延喜式内社の神護寺でもあった古刹・戸岩寺!  文化財研修記

長浜市木之本町古橋1102の延喜式内社への途中の右手には旧戸岩寺(といわじ)があります。この寺は霊亀2年(716)の創建と伝えられています。 本尊の薬師如来は、僧行基により伊香山(異光山)五ツ岩の麓からこの地に移され岩にちなんで戸岩寺と名付けられたものです。
八世紀末頃から伝教、空海、慈覚等の高僧が相次いで来錫し、七間四面の薬師堂を始め大日堂、観音堂、鐘堂、経堂、念仏堂等を建立し、全盛期には岩本坊、阿弥陀坊、開寿坊、真乗坊、道禅坊、長円坊の6坊を構えて栄えました。現在は薬師堂及び大日堂を残すのみです。

1.與志漏神社の標柱横にある旧戸岩寺の観音様の参道碑
クリックすると元のサイズで表示します

2.與志漏神社への参道右手に入ると鐘楼が残っています。
クリックすると元のサイズで表示します

3.大日堂も残っています!
クリックすると元のサイズで表示します

4.薬師堂(旧本堂)も残っています!
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ