2015/2/26

九州の文化財・史址を見る22.ドイツ領事が西本願寺、日光とともに日本三大美術建築と褒た松森神社!  文化財研修記

長崎市上西山町4−3には長崎駐在ドイツ領事が京都西本願寺、日光とともに日本文明史の三大美術建築と称賛した松森神社(まつのもりじんじゃ、松森天満宮)がある。創建は寛永3年(1626)今博多町に住む川上久右衛門と称する浪人が持っていた菅原道真公直筆の露像が、様々な奇跡を現すことから、家のそばに小さな祠(ほこら)を建てて、天満宮と名付け人々の信仰を受けていたが明暦2(1656)年、長崎奉行黒川興平(よへい)の肝入りで諏訪神社があった現在の地に移った。社殿の建築はとても美しく、長崎駐在のドイツ領事シュルレルベークは、京都西本願寺と日光とともに日本文明史の三大美術建築なりと賞賛している。長崎でもっとも古い歴史のある神社の一つでもある。

1.松森神社(松森天満宮)
クリックすると元のサイズで表示します

2.正門
クリックすると元のサイズで表示します

3.一の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

4.二の鳥居と石橋
クリックすると元のサイズで表示します

5.松森天満宮境内図
クリックすると元のサイズで表示します

6.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿を遠方より見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.拝殿に向かって右側には多くの境内社がある。これは八幡宮です!
クリックすると元のサイズで表示します

9.長崎市指定天然物の大クスノキ群の一つ
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上 駒札(画像をクリックすると拡大して読めます。)
クリックすると元のサイズで表示します

11.拝殿後部から権殿と見事な本殿を見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

12.本殿後部をぐるりと回ると拝殿の塀に長崎県有形文化財の「職人尽(しょくにんずくし)の彫り物が多数あります!
クリックすると元のサイズで表示します

13.その一部「化粧箱製造図」
クリックすると元のサイズで表示します

14.その一部「造船の図」
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ