2014/12/14

房総の文化財・史址を見る!28.安房鴨川の仁右衛門島とチサンリゾート鴨川!  文化財研修記

千葉県鴨川市太海(ふとみ)浜445には県名勝の「仁右衛門島(にえもんじま)がある。仁右衛門島は太平洋にある島で全島砂岩よりなる。千葉県鴨川市太海の沖合約200メートルにあり、周囲約4キロメートルの千葉県でもっとも大きな島で個人所有で源頼朝や日蓮の伝説で知られる。千葉県指定名勝で新日本百景にも選ばれている。島主である平野仁右衛門の名に因み、この名前になったといわれている。夏涼しく冬暖かい風光明媚な自然の楽園。金銀針茄子(キンギンハリナス)という珍しい植物もみられる。島の南側は荒々しい海岸線がみられ、自然の防波堤の役割も果たしている。代々島主は平野仁右衛門を名乗り、現在の島主が推定で38代目です。治承4年(1180)、石橋山の戦いに敗れた源頼朝が安房に逃れた際、平野仁右衛門に助けられ、この島で平家軍から一時身を隠し、巻き返しを図ったと言い伝えられる。現在に至るまで平野仁右衛門一族がこの島を守り伝えている。島の東部には日蓮上人が朝日を拝したと伝えられる神楽岩や石橋山の戦に敗れた源頼朝が、夜襲を避けて潜伏したとされる洞窟があり、正一位福女稲荷大明神が祀られている。しかし、この伝承は資料に乏しく、『仇討ち事件と房総のアワビ漁』(北総ふるさと文庫)よると、花房藩の資料に平野家は江戸時代に和泉の国から太海の地にやってきたという記述があり、事実は判然とせず、あくまでも伝説である。現在の平野家家屋は、宝永元年(1704年)に建て直されたとされたもので、観光客に公開されている。

1.最寄駅のJR太海(ふとみ)駅(JR内房線でJR安房小湊から安房鴨川乗り換えで約30分、但し、無人駅でタクシーも無かった!)
クリックすると元のサイズで表示します

2.荷物をガラゴロと引っ張って15分、仁右衛門島の案内看板が見えて来た!
クリックすると元のサイズで表示します

3.今夜、宿泊のチサンリゾート鴨川ホテルに荷物を預けて仁右衛門島へ向かう!
クリックすると元のサイズで表示します

4.港の渡船場は時間が遅くて、渡船は無しで諦める!
クリックすると元のサイズで表示します

5.これが仁右衛門島です!
クリックすると元のサイズで表示します

6.諦めて、チサンリゾート鴨川ホテルへチェクインする!
クリックすると元のサイズで表示します

7.部屋は最上階に近い5階でこのホテルは全てシーサイドビューです!
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上   2.   値段も2食付ツインのシングルユースで12,500円と安い!
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上   3.   但し、部屋には専属の風呂が無く3つの大浴場の利用となります。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ