2014/11/30

房総の文化財・史址を見る!21.利根川河口の銚子港の歴史を誇る大新旅館!  文化財研修記

千葉県銚子市中央町10−27には「国際観光旅館・銚子市利根川畔の大新旅館」がある。銚子に行ったらここに泊まろうと決めていた。小生は江戸が17世紀世界にまれなる100万都市となって以来「下りもの」(京、大阪)から送られてくる薄口醤油や魚介類や着物類をそう呼んでいた。そこで大都会江戸の人口に見合うだけの産物を江戸近郊で造り上げる必要があった。銚子における濃口醤油がまず、出来た!又遅れていた漁業が次いで紀伊半島からこの利根川河口に来て紀州漁方を教えたという。この大新旅館もこの銚子に来て「網元」として漁業と教えて又宿泊事業も始めた。この国際観光旅館は日本政府が明治時代に外国人を受け入れる必要があり、明治政府が認定したのが始まりである。大新旅館の創業は正保2年(1645)である。又明治31年4月2日夕暮れの銚子駅に一人の若い男が降り立った。折からの春雨の中を「大新」に向かって急ぐその男こそ,やがて「落梅集」として発表する26歳の島崎藤村であった。銚子は昔から人の心をひきつけやまない魅力があり、「利根川大海に流れ込むところを一目見たい」との願望から旅立った島崎藤村も竹久夢二もこの旅館に宿泊して、新鮮な魚介にお舌鼓を打ったのでしょう!又東京の各大学のボート部も利根川はボートの遠漕に最適で河口に位置するこの宿を合宿場所として利用して来た。銚子遠漕の”かぞえうた”には、♪十と出たホイのホイ 遠い旅路をつつがなく ホイホイ 今宵 大新 飲み明かす・・・・とうたわれてきた。大変面白く楽しい大女将との話で大変美味しい酒と魚介が楽しめた!

1.国際観光旅館・大新の表札
クリックすると元のサイズで表示します

2.大新玄関口(勿論、銚子犬吠崎には新しいコンクリートの建てのHotel ニュー大新もできています。)
クリックすると元のサイズで表示します

3.部屋から内庭を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.食堂に飾られている正保2年(1645)創業の緞帳
クリックすると元のサイズで表示します

5.素晴らしく新鮮な魚介類の朝食(夕食撮影漏れでした!吃驚の内容でした!)
クリックすると元のサイズで表示します

6.一人で10畳の間を占有(夜間台風が通過するので、若女将が枕元に懐中電灯を置いてくれた!白河夜船で台風の通過は覚えていませんでした。1泊2食付オール込11,500円のみ。)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ