2014/5/30

畿内の文化財・史址を見る!23.四季の見事な花で有名な古社・春日神社!!  文化財研修記

大阪府豊中市宮山1−10−1には天照皇大神(あまてらすおおかみ)・天児屋根命(あめのこやねのみこと)・武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)を祀り、四季の花で有名な古社の春日神社があります。訪れたのは4月11日でゴバツミツバツツジが満開でした。
 ご存知の通り天照皇大神は、国民の総氏神と呼ばれ、伊勢神宮・内宮の御祭神として奉られており、太陽神、火の神、光の神として知られています。また、国家鎮護の神、統治の神でもあります。そこから、農業、誓約、事始め、法律、道徳の神として親しまれております。天児屋根命(春日大神)は、中臣氏の祖神であり、春日大社の主祭神です。家内安全、智恵、神事、文学、言葉の他、防衛、歌曲、芸能の神として親しまれています。武甕槌大神は、鹿島神宮で主祭神として奉られております。武道、力の神として知られております。
創建年代は不詳であるが、旧桜井谷村の地を領き坐す恵み深い神として、親しまれています。伝記によると、仁明天皇の承和2年(835)に社殿の修繕をなし、延元3年(1338)兵火に罹り消失、その後、仮殿に神霊を奉斎し文明15年(1483)社殿を再建しました。社殿は壮観を極めたが、永正6年(1509)に足利義稙に従来の社殿152石を半減せられ、世間が戦乱の世に移るにつれて荒廃に傾きました。織田信長の伊丹城主荒木村重を討つ際社殿焼失したが、一時四方に離散した氏子が相謀り、天正6年(1578)、僅かに仮殿を造って、神霊を奉斎しました。後、安部摂津守の領地となりその陣屋は、境外地近くに設けられ、当社再建に着手し、慶安3年(1650)に遷座し奉り、現在に至っております。 また、社殿前の一対の燈籠(とうろう)は、延享元年(1744)領主安部摂津守に奉献されたもので、本社殿前に鎮座する狛犬(こまいぬ)は文政7年(1824)に当時の少路村、内田村それぞれの若中より奉献された貴重な存在です。(HPより抜粋掲載) 

1.桜が見事な春日神社
  クリックすると元のサイズで表示します

2.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

3.拝殿(両側の一対の燈籠(とうろう)は、延享元年(1744)領主安部摂津守に奉献されたもの)
クリックすると元のサイズで表示します

4.拝殿内陣
クリックすると元のサイズで表示します

5.摂社の天満宮
クリックすると元のサイズで表示します

6.摂社への参道
クリックすると元のサイズで表示します

7.コバミツバツツジ満開の参道
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上
クリックすると元のサイズで表示します

9.拝殿から本殿を斜めから見る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ