2014/1/29

近江の文化財・史址を見る!2.国宝の本堂と日本最古で国宝の多宝塔を持つ石山寺2の2!  文化財研修記

滋賀県大津市石山寺1−1−1には 西国三十三所観音霊場第13番札所として、また近江八景「石山の秋月」としても名高い寺院で、全国でも類を見ない巨大な硅灰石(天然記念物)の上に建てられている。奈良時代、聖武天皇の勅願により良弁僧正が開基の東寺真言宗大本山です。
平安時代には、石山詣が盛んで観音堂に参籠し、一夜を過ごすことが流行りました。特に清少納言や和泉式部などが石山寺のことをその作品に描いており、女流文学の開花の舞台となりました。中でも源氏物語の作者として有名な紫式部は、この石山寺に参籠し、十五夜の名月を眺めたとき源氏物語の構想を思い起こしたとされています。今でも式部が参籠した源氏の間が残っています。後世かの有名な俳聖松尾芭蕉や島崎藤村もこの寺を訪れています。
境内には、国宝の本堂や多宝塔をはじめとする文化財や、咲き誇る桜・ツツジ・菖蒲など花のお寺としても有名で、見どころの尽きない寺です。

1.月見亭
クリックすると元のサイズで表示します

2.摂社 若宮社
クリックすると元のサイズで表示します

3.国宝で日本最古の多宝塔
クリックすると元のサイズで表示します

4.源頼朝と亀ヶ谷禅尼の供養塔
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.経蔵
クリックすると元のサイズで表示します

7.芭蕉の句碑(曙やまたむらさきにほとゝきす)
クリックすると元のサイズで表示します

8.紫式部供養塔
クリックすると元のサイズで表示します

9.国重文の鐘楼(鎌倉時代)
クリックすると元のサイズで表示します

10.天然記念物の石山寺硅灰石と裏山には三十八社が見える!
クリックすると元のサイズで表示します

11.左、国重文の蓮如堂と国宝の本堂
クリックすると元のサイズで表示します

12.国重文の蓮如堂を正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

13.国重文の三十八社権現
クリックすると元のサイズで表示します

14.国宝本堂の横の紫式部源氏の間
クリックすると元のサイズで表示します

15.同上 アップ
クリックすると元のサイズで表示します

16.本堂前の大提灯
クリックすると元のサイズで表示します

17.本堂内を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

18.本堂内の一部
クリックすると元のサイズで表示します

19.国重文の毘沙門天堂(再建1773年)
クリックすると元のサイズで表示します

20.国重文の御影堂
クリックすると元のサイズで表示します

21.国重文の大黒堂の山門
クリックすると元のサイズで表示します

22.国重文の大黒堂
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ