2013/10/16

紀州の文化財・史址を見る!31.弁慶生誕地碑と闘鶏神社!  文化財研修記

 闘鶏神社(とうけいじんじゃ)は、和歌山県田辺市にある神社である。旧称は田辺宮、新熊野。通称:権現さんと呼ばれている。允恭天皇8年(419)9月、熊野権現(現在の熊野本宮大社)を勧請し、田辺宮と称したのに始まる。白河法皇の時代に熊野三所権現を勧請した。平安時代末期の熊野別当・湛快(藤原実方の子孫)のときにさらに天照皇大神以下十一神を勧請して新熊野権現と称し、湛快の子の湛増が田辺別当となった。弁慶は湛増の子と伝えられ、その子孫を名乗る大福院から寄進された弁慶の産湯の釜が当社に残る。
 田辺は熊野街道の大辺路・中辺路(熊野古道)の分岐点であることから、皇族や貴族の熊野参詣の際は当社に参蘢し、心願成就を祈願した。熊野三山の全ての祭神を祀る熊野の別宮的な存在であり、当社に参詣して三山を遥拝して山中の熊野まで行かずに引き返す人々もいた。
 『平家物語』などによれば、治承・寿永の乱(源平合戦)の時、湛増は社地の鶏を紅白2色に分けて闘わせ、白の鶏が勝ったことから源氏に味方することを決め、熊野水軍を率いて壇ノ浦へ出陣したという。このことから「闘鶏権現」と呼ばれるようになり、明治の神仏分離の際に鬪雞神社を正式な社名とした。
社殿は6棟あり、それぞれ以下の神を祀る。西御殿:速玉之男命・事解之男神 、本殿:伊邪那美命、上御殿 伊邪那岐命・天照皇大神・宇賀御魂命 、中御殿 瓊々杵尊命・鵜草葺不合命・火々出見尊・天之忍穂耳命、下御殿 :火産霊命・弥都波能売命・稚産霊命・埴山比売命、八百萬殿:手力男命・八百万神 です。

1.闘鶏神社すぐ手前にある大福院の境内は「弁慶生誕の地碑」駒札があります!
クリックすると元のサイズで表示します

2.弁慶生誕の地碑
クリックすると元のサイズで表示します

3.闘鶏神社の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

4.闘鶏神社標柱
クリックすると元のサイズで表示します

5.闘鶏神社駒札


6.流鏑馬記念碑
クリックすると元のサイズで表示します

7.境内社「弁慶社」駒札
クリックすると元のサイズで表示します

8.弁慶社
クリックすると元のサイズで表示します

9.熊野別当(熊野三大社を統括する役)湛増とその子・弁慶の銅像
クリックすると元のサイズで表示します

10.拝殿と他の6神殿
クリックすると元のサイズで表示します

11.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

12.本殿、上御殿、中御殿、
クリックすると元のサイズで表示します

13.本殿
クリックすると元のサイズで表示します

14.八百萬殿
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ