2013/9/30

紀州の文化財・史址を見る!24.熊野三山の一つ熊野那智大社!  文化財研修記

 熊野那智大社は、那智山青岸渡寺とともに熊野信仰の中心地として栄華を極め、古来より多くの人々の信仰を集めました。今なお多くの参詣者が訪れ、熊野速玉大社・熊野本宮大社とともに熊野三山の一つです。
 467段におよぶ石段の上に建つ6棟からなる社殿(本殿)は、標高約500メートルに位置し、夫須美神(ふすみのかみ)を御主神としてそれぞれに神様をお祀りしています。
伊弉冉尊(いざなみのみこと)とも言われる夫須美神は、万物の生成・育成を司るとされ、農林・水産・漁業の守護神、縁結びの神様また、諸願成就の神としても崇められています。
 社殿は、仁徳天皇の御世(317)に現在の位置に創建され、平重盛が造営奉行となってから装いを改め、やがて、織田信長の焼討に遭ったのを豊臣秀吉が再興しました。徳川時代に入ってからは、将軍吉宗の尽力で享保の大改修が行われています。
 境内には、日本サッカー協会のロゴにも用いられている“八咫烏(やたからす)”の烏石や、樹齢約850年の大楠が茂っています。
社殿並びに境内は、2004年7月、ユネスコの世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。当社HPより一部抜粋。
 現在の国重文の社殿は江戸時代末期の嘉永4年((1851)から安政元年(1854)にかけて建立されたものです。

1.凄い石段参道の一部
クリックすると元のサイズで表示します

2.第2の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

3.右手は手水舎で正面は拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

4.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

5.下記をクリックして、「音声付動画」で2の鳥居や拝殿を見て下さい!
http://youtu.be/zzT4pkleo6g

6.宝物館(平安時代の古銅印、平安時代の女神座像、男神座像、古墳時代から江戸時代にかけて製作された奉納鏡88面など展示されています。)
クリックすると元のサイズで表示します

7.左側の第一社殿、第二社殿、第三社殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.拝殿正面
クリックすると元のサイズで表示します

9.熊野那智大社駒札
クリックすると元のサイズで表示します

10.拝殿内陣参拝
クリックすると元のサイズで表示します

11.第四社殿、第五社殿、第六社殿
クリックすると元のサイズで表示します

12.樹齢850年の大くすのき
クリックすると元のサイズで表示します

13.境内から谷を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ