2013/8/23

紀州の文化財・史址を見る!5.国重文の本殿をもつ丹生官省符神社!  文化財研修記

 和歌山県伊都郡九度山町慈尊院835番地には丹生都比売大神、 高野御子大神、 大食都比売大神、市杵島比売大神、天照大御神、 誉田別大神、天児屋根大神 を祀る丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ)がある。
 本殿は国の重要文化財で、境内は国の史跡「高野山町石」。本殿はユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』平成16年(2004)7月登録)の構成資産の一部です。
 社伝では弘仁7年(816)に弘法大師空海によって創建されたという。いわゆる慈尊院の神護寺であります。高野山の領する官省符荘の鎮守とされ、応永3年(1396)の文書に「官省符鎮守・神通寺七社」と記録がある。
 この他にも神通寺7社明神の記録があり、7社のほかに12王子社・120番神社などの名前が挙げられている。また、『紀伊続風土記』によれば、七社のうち丹生・高野の両神は弘仁年間に空海が勧請し、12王子社と120番神の2社が同時に勧請され、気比・厳島の2神は文明年間に勧請されたと伝えられており、これら4社は天文年間の洪水によって昔の境内が沈んでしまったので移転したという。

1.丹生官省符神社参道
クリックすると元のサイズで表示します

2.石の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.石段の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.参道の両側の石燈籠など
クリックすると元のサイズで表示します

6.朱の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上
クリックすると元のサイズで表示します

9.祭神・高野御子大神(狩場大明神)と弘法大師空海の出会(案内する2頭の犬)
クリックすると元のサイズで表示します

10.国重文の本殿
クリックすると元のサイズで表示します

11.忌明清祓社
クリックすると元のサイズで表示します

12.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ