2006/7/29

八津合八幡宮と文化財  綾部の文化財

綾部市(何鹿郡いかるがぐん)八合町西屋64には、京都府指定文化財の「八津合八幡宮」がある。本殿は、文化12年(1815)江戸時代時の城主・藤掛(ふじかけ)永恵が再建した。一間社としは規模が大きく、特に丹波・丹後に多くの建築彫刻を残す、中井丈五郎の作である。京都御大工頭の一族として、当初兵庫県氷上郡に在住したと云う。京都御大工頭は近畿一円の大工頭として、今、なおその系統が、京都に在住しておられる。
 この神社の桜は見事で、秋の紅葉も趣があり、春にその彫刻に見事さを含め、見学をお勧めします。

京都府決定文化財平成3年4月19日「八幡宮文化財環境保全地区」
クリックすると元のサイズで表示します

京都府登録文化財平成3年4月19日「八幡宮一の鳥居」
クリックすると元のサイズで表示します

見事な手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

京都府指定文化財平成3年4月19日「八幡宮本殿一棟」
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の古木・名木100選の一つ
クリックすると元のサイズで表示します
より詳しくは、下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/kaiho/bfor/nakai.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ