2006/7/16

室尾谷神社と文化財  綾部の文化財

綾部市五津合町(中上林地区)寺内109には「室尾谷神社」がある。うっそうとした森の中にあり、創立年代は明らかでないが社伝えでは、元は阿須技の地に祀られ大町町と畑川村の氏神であったというが、貞応元年(1222)頃、室尾谷神社と呼ばれるようになった。別添の「文化財日誌」には室町時代(応永32年=1425)作者:林皎圓宗の神像二像(綾部市指定と京都府指定)がある。

第1の木の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

第2の石の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

第3木の大鳥居と拝殿正面
クリックすると元のサイズで表示します

見事な拝殿を横から撮る。
クリックすると元のサイズで表示します

室尾谷神社全景
クリックすると元のサイズで表示します

綾部市指定文化財「木造随身坐像」は昭和61年4月1日指定となり、随身とは主神を守護する。袍を着て巾子冠を着けている.(綾部資料館提供)
綾部市指定は左側。(阿形:座高38.6センチメートル)
 右側の「木造随身坐像」は昭和61年4月15日京都府指定で「吽形:
座高38.5センチメートル)
クリックすると元のサイズで表示します
http://ayabun.net/bunkazai/annai/murotani/murotani.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ