2013/2/28

冬の京の文化財・史址を見る!5.綾部と大変ご縁のある清水寺!  文化財研修記

北法相宗の本山であるこの清水寺の故前貫主・松本大円師は京都府綾部市の宝満寺のご出身。今でもある忠僕茶屋の大槻重助は京都府何鹿郡(綾部市)の出身でこの茶屋は今でもあります。西国観音霊場33カ所第16番札所。元亀9年(778)延鎮上人が開山、延暦17年(798)坂上田村麻呂の創建と伝える。音羽山中腹に30近い堂塔伽藍が並ぶ。現在の主な堂塔は、(寛永10年(1633)徳川家光の再建。‘清水の舞台’で知られる本堂(国宝)は寄せ棟造り、檜皮葺、寝殿造り風の優美な建築で、十一面千手観音立像を安置。舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔(重文)がある。ほかに仁王門、馬駐(うまとどめ)、鐘楼、西門(さいもん)、三重塔、経堂、田村堂、轟門、朝倉堂、釈迦堂、阿弥陀堂、奥の院など重文指定の建造物がいらかを連ねる。平成6年(1994)12月「古都京都の文化財」として「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録されました。
建立の現本堂は寛永10年(1633)年再建のものです。

1.大谷本廟(西大谷)の近道で到着して、国宝本堂を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

2.音羽ノ滝
クリックすると元のサイズで表示します

3.綾部出身の大槻重助が働いていた忠僕茶屋
クリックすると元のサイズで表示します

4.忠僕茶屋から本堂を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

5.西門駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.仁王門
クリックすると元のサイズで表示します

7.下記をクリックして、「音声付動画」で清水寺西門付近を見て下さい!
http://youtu.be/eSrnrdUmSO8

8.鐘楼(梵鐘には文明10年(1478)の銘が刻まれています。)
クリックすると元のサイズで表示します

9.本堂を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.国重文の三重塔など
クリックすると元のサイズで表示します

11.本堂へお参りの善男善女達!
クリックすると元のサイズで表示します

12.左清水寺本堂、真ん中はえびすの神を祀る地主神社(次回掲載です!物凄い若者達で一杯)
クリックすると元のサイズで表示します

13.国宝の清水寺本堂!
クリックすると元のサイズで表示します

14.下記をクリックして、「音声付動画」で清水寺を見て下さい!
http://youtu.be/0Do0FANG6TA

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ