2013/2/12

平成25年建国記念の日(紀元節)を祝う京都府北部府民の集いに参加して!  

 2月11日(祭)は皆様ご存知の通り「日本国建国記念日」です。日本書記によると平成25年は日本国神武天皇(磐余彦)が大和の国を平定して、「見れば、あの畝傍山(うねびやま)の東南の橿原(かしはら)の地は、まさに国の中心地であるらしい。都を造ろう。」と言って大地に太い宮柱を立て、宮殿を高々と築きあげた。これが畝傍の橿原宮で磐余彦は木の香も匂うこの宮で始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらのみこと)とたたえられた。神武天皇というのは奈良時代から平安初期にかけてつくられた漢風諡号(しごう)です。日本書記ではこの年を辛酉(しんゆう)の年の元旦(西暦紀元前660年)だったと記しています。明治になってから政府はこの伝説的な即位の日を太陽暦に換算して2月11日を紀元節としました。西暦よりも660年も多い日本暦を公式に通用させていました。そして昭和15年は紀元2600年を盛大にお祝しました。戦後は紀元節としてでなく、建国記念日となりましたが、それゆえ平成25年は皇紀2673年であります。

1.案内パンフレット
クリックすると元のサイズで表示します

2.会場の福知山ロイヤルホテル2階の金襴・銀欄の大広間の受付風景
クリックすると元のサイズで表示します

3.午後1時30分第い一部 式典
  一・開会の式を告げる    後藤出雲大社教巖分詞副分詞長
クリックすると元のサイズで表示します

4.建国記念の日(紀元節)を祝う京都府北部府民の集い実行委員長:後藤堯出雲大社教巖分詞長
並びに来賓の西田昌司参議院議員等着席
クリックすると元のサイズで表示します

5.神武天皇陵遥拝、皇居遥拝後、国歌斉唱(2回)
クリックすると元のサイズで表示します

6.下記をクリックして、「音声付動画」で国歌斉唱を聞いて下さい!
http://youtu.be/x3NoJCVNzQE

7.紀元節の歌奉唱
クリックすると元のサイズで表示します

8.下記をクリックして、「音声付動画」で紀元節の歌奉唱を聞いて下さい。但し、4節の内始めの2節のみです。
http://youtu.be/7budVg8dOdo

9.後藤堯大会実行委員長のご挨拶
クリックすると元のサイズで表示します

10.ご来賓紹介、西田昌司参議院議員や綾部市からは四方源太郎府会議員、高倉武夫市議会議長、安藤和明議員、高橋輝議員、木下義信議員(彼は奥様同伴でした。)など
代表して、西田昌司参議院議員が祝辞を述べられました。
クリックすると元のサイズで表示します

11.聖壽万歳(天皇陛下の長寿を祝って!)三唱を」して、後藤司会者の閉式の挨拶で第一部が終了しました。

12.第二部は成尾敦、牛田るり子指揮者による「石川混声合唱団」の皆様でふるさと、花は咲く、ミュージカルキャッツよりのメモリー、マイフエアーレデイの踊りあかそう、夕焼け小焼けなど素晴らしい5曲が披露されました。
クリックすると元のサイズで表示します

13.下記をクリックして、「音声付動画」で、素晴らしい石川合奏団の一曲目の「ふるさと」の一部を聞いて下さい。
http://youtu.be/_4Rn--k1iJg

14.第三部は講演で、二人の講演ですが「共通テーマはすばらしき国 日本」です!
日本会議専任研究院員の江崎道朗氏です。
クリックすると元のサイズで表示します

15.韓国済州島生まれで、現、拓殖大學国際教授の呉 善花先生です。著書も多く別途写真で紹介しますが、ウイットに富んだ講演でどっと笑い声も上がりました!
クリックすると元のサイズで表示します

16.韓国済州島生まれで、現、拓殖大學国際教授の呉 善花先生出版の本2種類
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
span style="font-weight:bold">綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ