2013/3/26

大江戸近辺の文化財・史址を見る。10.徳川将軍家の菩提寺「増上寺」2の2.!  文化財研修記

東京都港区芝公園近くにある三縁山広度院(こうどいん)増上寺は上野の寛永寺と並び徳川家の菩提寺であり、浄土宗の大本山です。徳川家康の崇敬を受けて、2代将軍秀忠を始め、6代将軍家宣(いえのぶ)、7代家継、9代家重、12代家慶(いえよし)、14代家茂(いえもち)の歴代6人の将軍と、和宮(かずのみや)を初めとして、正室や側室たちの霊廟がつくられた。この徳川家の霊廟は特別な春の参拝指定日のみ参拝が可能です。上野の寛永寺や15代慶喜(よしのぶ)公のお墓は谷中霊園にあり、後日紹介します。
 増上寺は明徳4年(1393)麹町貝坂に聖聡(せいそう)によって創建されたと言う。そののち、江戸城の築城計画に伴い慶長3年(1598)に現在地に移転し、1611年造営は完成している。広大な敷地を有していたが、第二次世界大戦での戦災でほとんどの建物が焼失した。戦後荒廃した墓地は売却され、昭和33年(1958)現境内右手奥の黒本尊安国殿の背後に改葬され、6人の将軍及び和宮らの合葬の宝塔8基が三葉葵紋をつけた扉と昇竜降竜の鋳造袖付塀の門内に眠っている。創建当時の建のうち、慶長10年(1605)徳川家康建立になる入母屋造りの三門(三解脱門、国重文)は、三門左手奥の経蔵(都有形文化財)とともに都心部現存さうる最古の建物です。

1.惣門を振り返って見る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.鐘楼堂の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.関東で最大の鐘を持つ鐘楼堂
クリックすると元のサイズで表示します

4.境内社「熊野神社」
クリックすると元のサイズで表示します

5.三本足のカラス「八咫烏(やたがらす)」の紋章いり手水舎。(日本サッカー協会の旗の紋章にもなっている神武天皇が東征で紀州から大和方面に向った時、案内したと云われています。)
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

7.熊野三社権現宮
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.本堂(右側から見る!)
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上(左側から見る!)
クリックすると元のサイズで表示します

11.本堂に向って左側に東京タワーが見える!
クリックすると元のサイズで表示します

12.増上寺札所
クリックすると元のサイズで表示します

13.本堂右手横にある西向観音堂へ
クリックすると元のサイズで表示します

14.西向観音堂
クリックすると元のサイズで表示します

15.西向観音像
クリックすると元のサイズで表示します

16.徳川家霊廟に向って歩いて又、西向観音堂を振り返って見る!
クリックすると元のサイズで表示します

17.本堂の裏にある徳川家霊廟(三葉葵紋を付けた扉と昇竜降竜の鋳造袖付塀の門)
クリックすると元のサイズで表示します

18.徳川家霊廟前にある四菩薩石像
クリックすると元のサイズで表示します

19.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

20.徳川家霊廟は春の特定日のみ参拝が可能です。横の塀越しに「和宮霊廟」を横から参拝!
クリックすると元のサイズで表示します

21.同上 霊廟を横から参拝!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ