2012/12/30

飛騨・信濃の文化財史址を見る!24.信濃随一の名水が湧き出る「源智の井戸の一つ水道局横!」!  文化財研修記

源池の井戸(げんちのいど)は長野県松本市中央にある井戸であり松本市の特別史跡に指定されている。毎分約230リットルの水が湧き出ており、現在でも多くの人々が訪れ、飲料水として汲んだり、清水として利用されている。松本市にはいくつかの井戸が存在しているがこの源智の井戸が最大とされ、有名な観光スポットになっている。
地元の有志により「井戸を作る会」が結成され、環境の整備が行われている。
 松本城下町が形成される前から飲用水と使われていたとされ、城下町が形成されてからは主に宮村に住む人に使われた。その後、この地に住居を構えていた河辺氏に所有権が移り、与佐衛門源池の名を取り、源智の井戸と呼ばれるようになった。1881年明治13年(1881)の明治天皇松本御巡幸の際には御膳水として使われた。
 天保14年(1843)に刊行された「善光寺道名所図会」には信濃国第一の名水とする旨が示されている。

1.松本市水道局横の「源智の井戸」駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.源智の井戸の水源地1.
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上 3.
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上 4.
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上案内板
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ