2012/12/26

飛騨・信濃の文化財史址を見る!21.西洗場の光輪寺と木曽義仲公が再興の薬師堂!  文化財研修記

1.光輪寺は長野県東筑摩郡朝日村西洗馬にある高野山真言宗の古刹。山号は青壺山(せいこざん)。本尊は不動明王。本堂の南側に薬師堂がある。春は墓所の桜、秋の紅葉などで有名。伝承によれば奈良時代に行基が開いた古薬師が始まりとされ、現在の光輪寺十王堂のそばにある入村集落の上に古薬師があったとされる。中興を木曽義仲とする伝承もある。明治期の寺社明細帳には当寺の由緒は不詳です。本尊 不動明王 - 室町時代後期の作。桂材の寄木造で像高は1メートル65センチ。脇侍は 矜羯羅童子像、制咤迦童子像。
2.光輪寺薬師堂
光輪寺本堂の南側に薬師堂がある。現在の薬師堂は棟札の記載から宝暦10年(1760)に建立されたことがわかり、県宝に指定されている(棟札と宮殿(くうでん)が附指定)。入母屋造、茅葺。桁行5間、梁間4間で正面に1間の向拝を付し、前方の梁間2間分を吹き放し(壁・建具を入れない)とする。本建物のように、平面の半分を吹き放しとする例は珍しい。向拝の頭貫(かしらぬき)や虹梁(こうりょう)の木鼻は唐獅子、獏などの彫刻で飾り、主体部の中備(組物と組物の中間に置く部材)にも唐獅子、力士などの具象的な彫刻を用いる。本尊は薬師如来で鎌倉から室町時代の作といわれる。昭和初期までは「西洗馬のおやくし」として知られ、松本平一帯では薬師堂をみな知っている、というほどの信仰をあつめた。また薬師堂の前から北へ延びる道は「やくしみち」とよばれていた。境内には西国・坂東・秩父の百体観音、四国八十八カ所などの多くの石仏がある。本尊は薬師如来坐像 で 像高は68センチで、鎌倉時代から室町時代初期の作といわれている。秘仏で3年に一度開帳される。脇侍の日光・月光(がっこう)菩薩立像を同じ厨子内に安置している。脇侍 日光菩薩・月光菩薩立像 - 檜の一木割矧ぎ造りで像高は両像とも92センチ。県宝に指定されている。鎌倉時代、元亨3年(1323)、善光寺妙海の作であることが墨書から判明している。妙海は信濃地方に作品を残し、代表作には辰野町の上島観音堂の十一面観音立像などがある。四天王像 - 鎌倉時代末期から、室町時代の作。像高は、持国天が1メートル64センチ、広目天が1メートル70センチ、増長天・多聞天が1メートル54センチもあると云う。

1.光輪寺山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.本堂
クリックすると元のサイズで表示します

3.指定文化財駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.本堂内
クリックすると元のサイズで表示します

5.山門前庭園
クリックすると元のサイズで表示します

6.下記をクリックして、音声付動画で光輪寺庭園風景をお楽しみ下さい。
http://youtu.be/_fFaTVE9K08

7.光輪寺薬師堂仁王門(薬師堂は無住です。)
クリックすると元のサイズで表示します

8.阿形の仁王像
クリックすると元のサイズで表示します

9.吽形の仁王像
クリックすると元のサイズで表示します

10.入村の道祖神
クリックすると元のサイズで表示します

11.石仏群
クリックすると元のサイズで表示します

12.光輪寺薬師堂駒札
クリックすると元のサイズで表示します

13.見事な薬師堂
クリックすると元のサイズで表示します

14.薬師堂正面の見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

15.木曽義仲公手植えの桜の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

16.同上 桜
クリックすると元のサイズで表示します

17.旭将軍木曽義中公750回忌碑
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ