2012/12/20

飛騨・信濃の文化財史址を見る!18.飛騨高山祭りの桜山八幡宮!  文化財研修記

 桜山八幡宮(さくらやまはちまんぐう)(正字は櫻山八幡宮)は、岐阜県高山市桜町178番地にある神社です。秋の例祭は、春の日枝神社の例祭とともに高山祭として知られています。
 八幡大神(応神天皇)を主祭神とし、相殿に熱田大神(日本武尊命)・香椎大神(仲哀天皇・神功皇后)を祀っています。
 仁徳天皇65年、飛騨国に二つの顔を持つ宿儺(すくな)という賊が現れ、それを討伐するために派遣された難波根子武振熊命が戦勝祈願のために先代の応神天皇を祀ったのに始まると伝えています。又、聖武天皇が諸国に設けた護国八幡だという説もあります。
 江戸時代に金森氏が当地の領主となったとき氏神として当社を保護し、宮川以北の住民を氏子としました。
 明治時代に八幡神社に改称し、大正時代に県社になる。桜山八幡宮の名は戦後からといいます。
 境内に高山屋台会館があり、秋の高山祭に実際に曳き出される屋台が通年展示されています。
 これで飛騨は終わり、次回からは信濃の記事となります。

1.桜山八幡宮駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.一の鳥居は遙かかなたに見えます!
クリックすると元のサイズで表示します

3.二の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

4.大石段と三の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

5.三の鳥居の青銅の扁額についての駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 青銅の扁額
クリックすると元のサイズで表示します

7.大石段と門とその裏の拝殿、左は手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

8.大石段の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.見事な手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

10.神社の門と拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

11.見事な拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

12.見事な舞台もあります!
クリックすると元のサイズで表示します

13.この秋葉神社など見事な境内社が多くあります!
クリックすると元のサイズで表示します

14.裏の桜山から滾々と清水が湧き出ています!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ