2012/10/21

綾部人の見た鎌倉・横浜の文化財・史址第29回日蓮・日朗上人「師孝第一」の光則寺!  文化財研修記

 光則寺(こうそくじ)は日蓮宗の寺院で長谷寺と鎌倉大仏様の間の敷地にあります。日蓮上人が佐渡へ流された時、高弟・日朗が捕らえられて鎌倉幕府第5代執権・北条時頼の重臣・宿屋(しゅくや)左衛門尉光則(みつのり)の邸内の土牢に監禁された。しかし光則は日蓮上人が自らの不運を嘆くことなく、弟子の身の上を案じる心に打たれ、次第に日蓮宗に心を寄せる様になり、日蓮上人放免後は、邸を寺として日朗を開山と仰ぎ文永11年(1274)に創建された。日蓮上人の著した「立正安国論」は光則の父・行時から、文永元年(1260)に北条時頼に建白された。現在の本堂は江戸時代の慶安3年(1650)に建てられた。本堂には「師孝第一」の見事な扁額が掲げられています。

1.元鎌倉幕府5代北条時頼の重臣・宿谷光則邸址・現光則寺の石碑
クリックすると元のサイズで表示します

2.寺院駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.朱色の山門
クリックすると元のサイズで表示します

4.立正安国論碑等
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な五輪塔
クリックすると元のサイズで表示します

6.本堂(本堂には「師孝第一」の扁額が掲げられています。)
クリックすると元のサイズで表示します
 
7.本堂内
クリックすると元のサイズで表示します

8.本堂左側に日蓮高弟の日朗上人「土牢の碑」
クリックすると元のサイズで表示します

9.日朗幽閉の土牢への道(綺麗に整備されています。)
クリックすると元のサイズで表示します

10.日蓮上人高弟の日朗上人が幽閉されていた土牢
クリックすると元のサイズで表示します

11.土牢内部
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ