2012/10/6

綾部人の見た鎌倉・横浜の文化財・史址第21回鎌倉五山の第4位で国指定史跡境内の浄智寺!  文化財研修記

 鎌倉市山ノ内402には鎌倉五山の第4位であり、鎌倉・江ノ島七福神の一人布袋尊を祀っている臨済宗円覚寺派の浄智寺がある。この寺の開基は父北条宗政(鎌倉幕府5代執権時頼の3男)の子・北条師時(もろとき)が父・宗政の菩提を弔うために宗政の夫人とともに弘安4年(1281)創建した。開基の師時は特宗(とくそう)北条貞時の女婿であり、小侍所評定衆・引付頭人を歴任したのち、10代執権となった。正安元年(1299)、浄智寺は北条貞時によって五山に列っせられている。之は幕府による五山制度の最初の記録であり、元享3年(1323)北条貞時の13回忌供養に浄智寺から224名の僧衆が参加しているが、これは建長寺・円覚寺・福寿寺につぐ数であり塔頭も11院を数えたと言う。

1.浄智寺入口
クリックすると元のサイズで表示します

2.浄智寺総門
クリックすると元のサイズで表示します

3.浄智寺駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.国指定浄智寺境内の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.二階に鐘をもつ鐘楼門
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 見事な鐘楼門
クリックすると元のサイズで表示します

7.仏殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.仏殿には珍しい三世仏(左の阿弥陀如来は過去、中央の釈迦如来は現在、右の弥勒菩薩様は未来を表しています。写真がブレ残念です。)
クリックすると元のサイズで表示します

9.横井戸(山の水を貯めるための用水路です。)
クリックすると元のサイズで表示します

10.浄智寺「やぐら」への道筋
クリックすると元のサイズで表示します

11.観音様、鎌倉江ノ島七福神(布袋様)への道筋
クリックすると元のサイズで表示します

12.観音さま
クリックすると元のサイズで表示します

13.布袋様への道筋
クリックすると元のサイズで表示します

14.笑顔の布袋様です!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ