2012/9/9

綾部人の見た鎌倉・横浜の文化財・史址第7回.鎌倉五山の第三・北条政子と源実朝の眠る寿福寺!  文化財研修記

 鎌倉市扇ガ谷には鎌倉五山の第3番と云われる臨済宗・亀谷山「寿福寺金剛禅寺(寿福寺)がある。開山は京都最古の禅寺の建仁寺を建立した明庵栄西禅師である。開基は一般には源頼家・北条政子とされているが、寿福寺では源実朝としている。源氏山の東麓に位置する寿福寺」の寺域は源頼朝の父、義朝の旧宅、「鎌倉之盾(かまくらのたて)」があった所である。頼朝は鎌倉らに入って、この場所に居を構えようとしたが、既に三浦氏の一族岡崎義実(よしざね)が義朝の菩提を弔うための草庵があったので、大倉に変更したという。頼朝の夫人北条政子は正治2年1200)に亡くなった頼朝や子供たちの霊を慰めるために伽藍建立を発願し、て、2代目将軍頼家に鎌倉に在住していた、英西を迎えて義朝の旧宅に寿福寺を造営させた。三代目の実朝の代二において伽藍がほぼととのった。寿福寺は幕府の庇護を受け、元亨3年の北条貞時十三回忌供養の時には、建長寺、円覚寺についで260名の僧侶が加わり、鎌倉五山の第3位の寺容を呈していた。寿福寺は南北朝の時には最も栄、室町幕府が康英元年(1386)にも、足利義満が京都・鎌倉五山を決めた時も鎌倉五山第3を維持してきた。

1.表山門(江戸時代の妻入四脚門です。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.国指定史跡境内の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.神奈川県教育委員会の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.山門からの長い石畳の参道
クリックすると元のサイズで表示します

5.正面にも入山不可の山門があります!
クリックすると元のサイズで表示します

6.矢来に囲まれた珍しいい鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

7.更に入っていくと玄関口です
クリックすると元のサイズで表示します

8.やっと本堂に至りました!
クリックすると元のサイズで表示します

9.北条政子・源実朝のお墓への案内板です!
クリックすると元のサイズで表示します

10.神奈川県には多くの「やぐら(横穴式墳墓)」があり、京都人には珍しいです!
クリックすると元のサイズで表示します

11.北条政子のお墓(やっぱりやぐらの中ですね!)
クリックすると元のサイズで表示します

12.源実朝のやぐらの碑
クリックすると元のサイズで表示します

13.源実朝のお墓(やぐら作りですね!)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ