2012/8/8

綾部人の見た美濃の文化財・史址!54.日本三大修道院の一つ多治見市の神言修道院!  文化財研修記

 岐阜県多治見市の有名な古渓山・永保寺の直ぐ近くには、日本三大修道院の一つ「神言修道院(しんげんしゅうどういん)」がある。昭和5年(1930)、カトリック神言修道会日本管区長ヨゼフ・モール神父は虎渓山の南麓、土岐川の清流に沿う1万坪(3万3、000平方メートル)の広大な敷地に、修道院と聖堂を建立した。小高い丘に広がるぶどう畑、緑深い中庭の木々、中世ヨーロッパをしのばせる雰囲気をもつ神言修道院は、虎渓山永保寺とともに岐阜県多治見市の名所となっている。しかしながら、信者以外は入ることが許されていないので外観のみを撮影した。

1.虎渓公園を通って、南麓へ向う。1.
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

3.神言修道院 1.
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

5.中庭の木々とぶどう畑
クリックすると元のサイズで表示します

6.ぶどう畑
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ