2012/8/5

綾部人の見た美濃の文化財・史址!51.多治見市の池田御厨であった古社・池田神明神社!  文化財研修記

岐阜県多治見市池田町7−3には曹洞宗の石動山(せきどうざん)永泉寺(えいせんじ)がある。美濃地方のこの池田は奈良時代の聖武天皇の皇后光明子の発願で華厳宗地蔵院が創建され、永泉寺も華厳宗の池田五山として栄えた。一方この池田は伊勢神宮領、池田御厨(みくりや)として守護神・天照大神を祀る池田神明神社は池田八郷の信仰を受けてきた。
 今回昭和62年国道19号バイパス建設にあたり、20メートルの移動・移築建設となった。改築造営は寛文9年(1669)、元禄4年(1691)の棟札がある。
 由緒深い当社を紹介しておきます。

1.国道19号バイパスの反対側から参拝する!
クリックすると元のサイズで表示します

2.郷社の社格をもつ見事な池田御厨の神明神社の鳥居と拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

3.古い石碑があるが読み取れず残念
クリックすると元のサイズで表示します

4.昭和62年移築記念碑
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ