2012/8/3

綾部人の見た美濃の文化財・史址!49.多治見市の金幣社・白山神社!  文化財研修記

 養老元年(71)修験者泰澄が加賀国(当時は越前国)白山の御前峰に登って瞑想していた時に、緑碧池から十一面観音のお使いである九頭龍王が出現して、自らを伊弉冊尊の化身で白山明神・妙理大菩薩と名乗って顕現したのが白山修験場開創の由来と伝えられ以後の白山信仰の基となったのです。
 平安時代には、加賀・越前・美濃の3国に禅定道が設けられ、「三箇の馬場は、加賀の馬場、越前の馬場、美乃の馬場也」(三馬場)と呼ばれました。
 この多治見市の金幣社の白山神社は岐阜県多治見市白山町3丁目78にあります。
ご祭神は白山媛大神(菊理媛命)、伊邪那岐大神、伊邪那美大神のご三神です。
 末社、境内社は金刀比羅宮、大国主命、事代主命、秋葉神社、稲荷大明神、津島神社、伊勢皇大神宮、北野天満宮などです。


1.多治見白山神社
クリックすると元のサイズで表示します

2.白山神社駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.白山神社遺跡駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.白山神社の鳥居と拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

5.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

6.境内社 その1.
クリックすると元のサイズで表示します

7.境内社 その2.
クリックすると元のサイズで表示します

8.白山神社拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ