2012/8/1

綾部人の見た美濃の文化財・史址!47.征夷大将軍・坂上田村麻呂創建の清水寺!  文化財研修記

岐阜県加茂郡富加町895−1には桓武天皇の御世の大同3年(808)に征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえたむらまろ)が延鎮大師(えんちん)を開山として国家鎮守のため創建した白華山「清水寺(きよみずでら)」がある。宗派は途中で変わって現在は臨済宗妙心寺派に属している。加茂野駅前の県道346号線を北に3Kmほど進み、川浦川新橋を渡って、山沿いの道を2Kmほど行くと加治田の集落のはずれの梨割山(なしわりやま)の麓にこの寺がある。車を駐車場に停めて硯川を渡ると岐阜県指定文化財の入母屋造に2階を設けた望楼風の櫓門(やぐらもん)で、江戸時代初期の二天門がある。
 その横から戦国時代の加治田城跡があるが、登るのに30分はかかる諭旨で城跡の見学は止めた。そこからの眺めは抜群の諭旨です。
 二天門から急な参道を登り、本堂崖下の庭園から更に、石段を登ると本堂に至る。本堂は寛文13年(1673)江戸時代に再建のものです。

1.駐車場から硯川越に「二天門」を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.硯川を渡った所から、戦国時代の加治田城址への登山道がある。所要30分少々。
クリックすると元のサイズで表示します

3.岐阜県指定文化財の二天門
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.富加町指定文化財の増長天
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 持国天
クリックすると元のサイズで表示します

7.新緑の中を登る参道(秋の紅葉は素晴らしいと思う)
クリックすると元のサイズで表示します

8.国重文の木造十一面観音坐像の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.更に急な石段を登る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.本堂崖下の庭から本堂を見上げる!
クリックすると元のサイズで表示します

11.石段から本堂を覗き見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

13.本堂を横から見る
クリックすると元のサイズで表示します

14.本堂正面
クリックすると元のサイズで表示します

15.本堂内
クリックすると元のサイズで表示します

16.本堂前の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ