2012/7/17

綾部人の見た美濃の文化財・史址!40.郡上八幡城築城の人柱の「およし」観音の善光寺!  文化財研修記

郡上八幡町の善光寺は長滝寺の持善坊で白鳥町長滝にあったが、明治30年(1897)現在地に移転した。持善坊は、白山信仰の美濃馬場であった長滝寺の古い歴史を物語る僧坊である。京都鞍馬寺の分院となっている。境内の「およし稲荷」は八幡城築城の際、人柱となった悲劇の民話を今に伝えている。

1.郡上八幡城周辺地図
クリックすると元のサイズで表示します

2.安養寺前にある善光寺と郡上八幡城人柱のおよし観音説明板
クリックすると元のサイズで表示します

3.善光寺本堂
クリックすると元のサイズで表示します

4.本堂横にある「釈迦三尊臍の堂」と「およし観音堂」
クリックすると元のサイズで表示します

5.郡上八幡城の人柱となった「およし」の説明板
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ