2012/7/10

綾部人の見た美濃の文化財・史址!33.日本三大仏の一つ正法寺の岐阜大仏!  文化財研修記

岐阜市梶川町は岐阜公園から直ぐ側にあり、ここには黄檗宗の正法寺(しょうぼうじ)があります。朱塗りの大仏殿が眼に入りますが、この大仏殿の中の「籠大仏(かごだいぶつ)」は岐阜県指定文化財で江戸時代末期、地震や飢饉による犠牲者の供養のために発願され、二人の住持が38年にわたる喜捨行脚(きしゃあんぎゃ)を行って天保3年4月(1832)に完成させたものです。岐阜の特産品の技術を随所にいかしたもので、大人一抱えほどもある大イチョウの木を真柱にして木材で骨格を作り、その外側を細かく編んだ竹材で形を整え、さらに表面を粘土で塗り固め一切経などの経文を貼り、その上に漆を塗って金箔をほどこしたもので、高さ13.7メートルもある釈迦如来坐像です。
日本三大仏とは、1.奈良東大寺の大仏:現存の大仏は像の高さ約14.7メートル、2.鎌倉高徳院の大仏:高さ13.35メートル、3.岐阜正法寺の大仏:高さ13.7メートル
1.2は決定していますが、高岡市大佛寺の大仏:全体の高さ 15.85メートルや神戸大仏が一時三番目と言われているが、今は岐阜大仏がもっとも人気があり、第3番目といわれています。

               像高   耳長    眼幅     
な大仏比較:  奈良  14.98m 2.54m  1.02m
          鎌倉  11.35m 1.90m  1.00m 
           岐阜  13.63m 2.12m  0.66m

1.岐阜大仏案内碑
クリックすると元のサイズで表示します

2.黄檗宗・正法寺「大仏殿」
クリックすると元のサイズで表示します

3.大仏殿前の賽銭入には天保3年(1832)の銘があります。
クリックすると元のサイズで表示します

4.正面から見た大仏様
クリックすると元のサイズで表示します

5.横から見た大仏様
クリックすると元のサイズで表示します

6.大仏殿内の阿羅漢像群
クリックすると元のサイズで表示します

7.大仏殿横にある多宝塔の説明板
クリックすると元のサイズで表示します

8.多宝塔
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ