2012/4/23

伊豆・遠州の文化財・史址を見る!26.(最終回)家康公湯所縁の史跡太刀洗池と浜松博物館  文化財研修記

浜松医療センターバス停前に、「太刀洗池の史跡碑」があります。太刀洗の池は、家康の家臣が築山御前を殺害したあと、血のついた太刀をここにあった池で洗ったと伝えられています。
そのすぐ側には浜松市蜆塚公園がり、「国指定史跡蜆塚遺跡」を中心とする公園です。蜆塚遺跡は、縄文時代後・晩期(約4、000〜3,000年前)のムラの跡です。中央の広場を囲んで住居跡や墓地が並び貝塚も四ヶ所で見つかりました。貝塚のひとつは、発掘調査当時のまま保存されています。この遺跡の発掘は昭和30年(1955)に開始され、昭和33年(1958)浜松郷土博物館として開館、昭和54年(1979)には浜松市博物館として現在地に開館、現在に至る。家康公正妻築山御前最後の地、古代の蜆塚遺跡を見て、最後に浜松市博物館を見て遠州の文化財・史址を見るは今回で終了です。遠州北部の湖北五山など見るべきものを、多々残しており再度の訪問を計画いたします。

1.家康公散歩道・太刀洗池史蹟
クリックすると元のサイズで表示します

2.太刀洗池の史跡碑
クリックすると元のサイズで表示します

3.昭和33年頃には有った池のパネル写真
クリックすると元のサイズで表示します

4.浜松市博物館
クリックすると元のサイズで表示します

5.館内ナウマン象の骨格等
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 館内
クリックすると元のサイズで表示します

7.浜松市博物館と国指定史跡蜆塚遺案内板
クリックすると元のサイズで表示します

8.国指定史跡蜆塚遺
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ