2011/11/26

備後・安芸の文化財と史址を見る!22.(最終回)原爆にも耐えたクロガネモチの木・広島城等!  文化財研修記

備後・安芸の文化財と史址を見る!シリーズは今回で最後です。12月から東近江市、近江八幡市、彦根市などの「東近江の文化財・史址を見る!」シリーズを開始する予定です。豊臣秀次が善政を敷いた八幡山城址と八幡堀、石田光成が同じく善政を敷いた佐和山城址と城下町、朝鮮通信史が泊まった宗安寺などを紹介していきます。其れまでに、天の浮橋の天橋立縦歩記、京都の社寺特別拝観んども紹介します。今回は広島城公園から徒歩で広島城天主閣、紙屋町、八町堀、京橋川とフランス風カフェ、稲荷大橋と原爆に耐えた稲荷神社、JR広島駅で終わりとなります。

1.広島城公園の案内板(横には巨大な池田隼人元首相の銅像があります。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.ここの公園は原子爆弾炸裂地からたった200メートル離れた所です。この巨大な真紅の実を付けたクロガネモチの木には黄色の案内板があり、樹齢数百年原子爆弾の炸裂にも耐えて生き残った木です。と紹介してあった!自然の驚異ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

3.公園内の明治27・28年日清戦争の大本営址です!
クリックすると元のサイズで表示します

4.広島城天主閣(広島城は天正17年(1589)中国地方の大半を領有していた毛利元就の孫の輝元によって水陸の便の良いこの地に築城が開始され、今尚巨大な石垣や一部の城郭が残っています。車もこの城壁の中を通っています。水運については河川が多く、小生が宮島桟橋からこの本川の原爆ドーム横の桟橋まで水中翼船で到着したことでもご理解頂けるでしょう。毛利輝元は関ヶ原の戦いで西軍の総大将とされ、責任を問われ萩へ移され、その後へ福島正則が入部したが、徳川氏の時代となり、城を無断で修理した理由に、信濃の川中島へ移され、その後に、元和5年(1619)和歌山県から浅野長政の長男・幸長は若くして亡くなり弟の長晟(ながあきら)が入部、それ以降12代明治維新まで続いた。原爆によって全て失われたが、平成元年(1989)広島城築城400年を記念してこの天主閣等は平成6年(1994)に」完成した。
クリックすると元のサイズで表示します

5.広島城天主閣特別展
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な天主閣
クリックすると元のサイズで表示します

7.毛利元就画像
クリックすると元のサイズで表示します

8.天主閣から見た内堀
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上
クリックすると元のサイズで表示します

10.広島城公園内にある護国神社の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

11.護国神社
クリックすると元のサイズで表示します

12.広島城公園内の中国軍管区慰霊碑説明板
クリックすると元のサイズで表示します

14.中国軍管区慰霊碑
クリックすると元のサイズで表示します

15.内堀
クリックすると元のサイズで表示します

16.左、修復中の国重要文化財の二の丸御門と内堀
クリックすると元のサイズで表示します

17.京橋川の稲荷大橋横の懐かしのフランスセーヌ川畔カフェにそっくり!此処で美味なカプチーノを楽しむ!
クリックすると元のサイズで表示します

18.懐かしい味!カプチーノ!
クリックすると元のサイズで表示します

19.本当にセーヌ川畔のカフェとそっくりです!
クリックすると元のサイズで表示します

20.原爆にも残った稲生神社の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

21.今はコンクリートの家の上に建つ「稲生神社」
クリックすると元のサイズで表示します

22.原爆で破壊され新しいお寺です!
クリックすると元のサイズで表示します

23.JR広島駅前の駅前大橋から猿候川を見る!遊覧船!
クリックすると元のサイズで表示します

24.駅ビル17階からの眺望
クリックすると元のサイズで表示します

25.駅ビル17階の大衆レストランで600円の広島ラーメン!旨かったです。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ