2011/11/2

備後・安芸の文化財と史址を見る!10.安芸の宮島1.大鳥居を手漕ぎ船から見る!  文化財研修記

尾道ロイヤルホテルからJR新尾道駅まではタクシーを利用、10分少々で到着料金は1400円、新尾道から広島までこだま735号08:28分発で広島着09:01分乗り換え普通電車09:15発宮島口09:42分着。徒歩で宮島口フエリー乗り場へ10分弱。宮島口発JRフエリー09:55発〜宮島桟橋着10:05分。荷物をJR駅ロッカーに預けて、軽いナップサックで身軽になって徒歩で厳島神社へ向かおうとした時、10月15日は厳島神社の菊花祭当日の午前中は地元神社の幼稚園児の「氏神祭」の神輿行列が宮島桟橋駅前で練り込みを始めた。大変可愛いので写真2・3枚撮る。この行列の厳島神社参拝奉納にも出会った。この海に浮ぶ厳島神社の景観とともに、宮島を訪れる人の感嘆を誘うのが豊かな自然。対岸の沿岸部や周囲の島々が人の手によって開発され変貌していくなか、神の島・宮島は昔のままの自然の姿が守られてきました。観光客が行き交う町並みから少し足を伸ばすだけで、その美しい自然に触れることが出来る宮島。どうぞ、もっと奥へ。神の島の大いなる自然の営みを体験してください。とパンフレットに書いてあった事、大いに体験したことを記事として掲載します。皆さんも一緒になって見て頂ける様に写真も出来るだけ多く掲載します。

1.JR宮島口駅を出てすぐ見た駅前の風景
クリックすると元のサイズで表示します

2.地下道を通って出たところから宮島フエリー方面を見る
クリックすると元のサイズで表示します

3.JR宮島フエリー乗場
クリックすると元のサイズで表示します

4.JR宮島フエリーを待つ
クリックすると元のサイズで表示します

5.フエリーに乗り込む
クリックすると元のサイズで表示します

6.フエリーから宮島を望む
クリックすると元のサイズで表示します

7.フエリーから大鳥居を望む
クリックすると元のサイズで表示します

8.宮島桟橋到着
クリックすると元のサイズで表示します

9.10月15日午前中は地元幼稚園児の「氏神祭」です。神輿行列!
クリックすると元のサイズで表示します

10.宮島桟橋前広場で休憩を始めます!
クリックすると元のサイズで表示します

11.宮島桟橋横の「日本三景の碑」
クリックすると元のサイズで表示します

12.大正12年の史蹟及名勝の碑
クリックすると元のサイズで表示します

13.有之浦の二位尼灯篭を見る、後ろに大鳥居が見える!
クリックすると元のサイズで表示します

14乗合船800円に乗って大鳥居正面を撮る!(国重要文化財)。本社火焼前(ひたさき)より88間の海面にそびえる朱塗りの大鳥居は、奈良の大仏とほぼ同じ高さの16m、重量は約60t。主柱は樹齢500〜600年のクスノキの自然木で作られており、8代目にあたる現在の鳥居を建立するにあたっては、巨木探しに20年近い歳月を要したといいます。また根元は海底に埋められているわけではなく、松材の杭を打って地盤を強化し、箱型の島木の中に石を詰めて加重するなど、先人の知恵と工夫によって鳥居の重みだけで立っています。(厳島神社出版物より抜粋)
クリックすると元のサイズで表示します

15.大鳥居に接近!
クリックすると元のサイズで表示します

16.大鳥居を潜る!
クリックすると元のサイズで表示します

17.大鳥居を裏側から見る!扁額の文字が違っている!
クリックすると元のサイズで表示します

18.乗り合船から見る厳島神社
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ