2011/5/23

播州の史跡めぐり1.国宝姫路城平成の大修理2.  文化財研修記

5月21日(土)綾部郷土史講座の現地研修として、播州の史蹟めぐり一日コースに参加した。JR綾部駅北口を7時40分出発=綾部IC=近畿自動車道舞鶴若狭道=西紀SA休憩=中国自動車道=福崎IC=播但自動車道(播州姫路から但馬)で姫路IC=姫路城に午前9時45分駐車場に到着。そこから内堀に沿って約10分で桜門橋・大手門入口ーーー更に徒歩8分ーーー平成の大修理のための「姫路城天主閣見学施設・天空の白鷺」で天主閣等の見学メインである。ここで10時から11時45分まで各施説見学、12時に駐車場出発、昼食は播磨国総社経営の「和ダイニング三日潮」で、総社は各自で見学、午後は高砂市の日本三奇の一つ「石の宝殿・生石神社(おうしこじんじゃ)」、更に加古川市の播磨の法隆寺といわれる「鶴林寺」、「大中遺跡(おなかいせき)公園と兵庫県立考古博物館」ここの出発は午後5時=明石西IC=第二神明道路=山陽道=阪神高速=三田IC=舞鶴若狭自動車道・休憩=綾部駅帰着午後7時15分の行程であった。

1.初公開のりの一渡り櫓
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上 内部1.
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上 内部2.見事な鎧冑群
クリックすると元のサイズで表示します

4.お菊井戸「播州皿屋敷」は、お家のっとりの企てを女中のお菊が知り、城主の難を救ったが、家老がそれを怨み家宝の皿一枚を隠してお菊を責め、井戸に投げ込んだ話は有名です!
クリックすると元のサイズで表示します

5.本丸天主閣を横から見る。
クリックすると元のサイズで表示します

6.エレベーター内部から天主閣第三層の修理を見る。
クリックすると元のサイズで表示します

7.地上50メートル修理中の天主閣を見る。1
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

9.エレベーター8階の展望台から見る。正面の山の奥側には書写山があるが見えない!
クリックすると元のサイズで表示します

10.8階展望台から大手前通りを見る!突き当たりがJR姫路駅です。
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ