2005/7/30

高倉神社の土用の丑祭(高倉町)  綾部の文化財

7月28日真夜中0時より「高倉神社の土用の丑祭」の宵宮祭が始まりました。5時頃「五葉の笹」を求めて奥宮神社付近でごそごそ探して居られる方がありましたが、昨年の笹枯れの影響で笹はほんの少し、見つかれば幸運です。午前9時から本殿正面横で本殿祭が始まりました。本年から四方律夫宮司様は交代され四方幸則宮司様(2名とも当会々員)で参加者はご来賓、各町自治会長です。
 木下芳信議長、山崎巌(綾部史談会々長)ご夫妻とご友人、そして取材に綾部資料舘々長の近澤豊明氏の姿も見かけました。
 吉美商工繁栄会の「はらわた餅」は飛ぶように売れ、6個入りが370円で小生も家内に頼まれ3セット買いました。
 猛暑の中にもかかわらず、子供達は吉美公民館主催の輪投げ10円、スーパーボールすくい10円、福引きは良い商品で50円、みんな夢中のようでした。有岡町、多田町の野菜の販売、高倉町の花の株販売も好評でした。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ