2005/5/30  

勝負ってなんだろね! 前編  
  みなさんこんにちは

 行楽日和だったこの週末はいかがお過ごしでしたか?
私武井はこの週末も野球でした、ゴールデンゴールズは都市対抗野球の
茨城県大会に参加していたのですが、その準決勝、決勝が行われました。
ニュースなどでご存知かと思いますが、準決勝では強豪日立製作所に、
そして3位決定戦ではJR水戸に惜敗し、惜しくも都市対抗野球北関東大会
への出場権を逃しました。。。
 武井はこの両試合とも登板はありませんでしたが、やはり負けるというのは
あまり気分の良くないものですねえ。。。 今日は「勝負」に関して少しお話を。。。

  私が陸上競技を始めたのは、大学1年のときでした。。
陸上競技という種目では、大学からスタートする選手というのはほとんどいない
のが現状で、大半の選手が中学や高校で陸上競技を経験しているのが普通です。
 私も、野球やボクシングなどのスポーツを通してトレーニングはしていましたが、
陸上を始めたばかりのこの頃は、やはりランニングの知識もなく、技術もつたないものでした。。
そのため、試合に出ては負ける、出ては負けるの繰り返しで、とても悔しい思いを
したのを今も思い出します。  それまで、いろんなスポーツで「負ける」なんていう経験は
ほとんどないような、俗に言う「運動神経抜群!」な少年だった私は、陸上競技と出会って
これでもかというくらいに負け続けました。。
 私は兵庫県にある神戸学院大学の陸上競技部に所属していたのですが、
当時その陸上部には関西では敵無しと言われるスプリンターだった
河村道彦選手(現岐阜経済大学陸上部ヘッドコーチ)が所属していて、すでに10秒5前後
で100mをマークしていたすごい選手だったんです。と同時に自分に走りを教えてくれる
大先輩でもあり、また最も身近で最も強いライバルでもあったわけです。。
 毎日先輩と走っても、一回も勝てずに同じ背中を見て走っていました、
どんなに頑張っても勝てない大きな壁でした。。 また試合に出ても先輩だけでなく、
高校生や同年代の大学生にも負けて、陸上を始めて2年くらいは試合に出るたびに涙がこぼれてきたのを今でもその温度まで覚えているくらいです。 
 そして、私が大学2年に進学した年の日本選手権がやってきました。
私は先輩の付き添いとして、東京の国立競技場を訪れて、初めて見る陸上の最高峰
の試合を興奮しながら眺めていました。いつも雑誌やテレビで見ている有名選手が目の前
をすごいスピードで駆け抜け、素晴らしい技術で跳躍し、投擲物がとんでもないくらいに
ビュンビュン飛んでいく光景に驚きを隠せませんでした。。
そして迎えた男子200mの決勝。河村先輩は並居る強豪選手や黒人選手に混じって
決勝進出を果たしていたのです! 号砲と共に全選手が飛び出し、恐ろしいスピードで
コーナーを駆け抜けました。 直線に入って、トップに立っていたのはなんと河村先輩です!
そのまま鋭いピッチで後続との距離を保ったままゴールに飛び込む先輩の姿が目に入った
瞬間「優勝だ!!!!優勝だ!!!」と飛び跳ねていた自分がいました。。。。。
いつも追っていた背中。。毎日のトレーニングを共に過ごした最も身近なライバルが
目の前で日本一の座についた瞬間でした。。。今思い出しても涙が出るくらい衝撃的で、
感動的な瞬間でした。   あの日以来、私の心は「日本一になる」ことでいっぱいに
なっていきました。  もう何においても負けたくない、一秒足りとも無駄にしたくない、
と思えるようになったのはあの日本選手権がきっかけだったように思います。
  
 

2005/5/30  

勝負ってなんだろね!後編  
    
 その後、私は100・200m専門の選手から10種競技の選手に転向することを
決めました。理由はいくつかありました、ひとつは200mで関西インカレに優勝し、ひとつ
の区切りをつけられたこと。 それと、自分の身体はもともと回復力と持久性にも
優れるようにトレーニングしてきていたことと、厳しいトレーニングには誰よりも耐えられる
精神力が自分の1番の長所だということを知っていたこと。 その長所をいかすのには
もっとも技術要素が多く、最も種目数が多く、競技時間の長い十種競技なら、残りの
大学生活できっと日本一になれるか、もしくは日本一を狙える環境に進めると感じた
ことです。  それからの毎日はもう涙を流すことはなくなりました。
一度の敗北は本当の意味で「負ける」ことではないのだと気付いたのです。
毎日をこれ以上無いトレーニングをして、心の弱さを振り切って100%の力で過ごして
いくこと、これこそが勝利であって、その道の途中での敗北は、「まだ足りない」だけ
なのです。 
  いつか来る栄光の日々に向かって「全開」で歩きつづけることができれば、
その日々は裏切りません。 苦しみはいつか喜びを運び、その喜びは苦しみ自体を
快感に変えていく力を持っているのです。 十種競技を始めた私は明らかに毎日を
『『生きて』』いました。 身体を痛めつけては、休み、摂り、また動く。その繰り返しが
永遠のように続き、踏み出す一歩一歩で自分の身体の成長を確認することが
できる程に、どんどん身体は強くなっていきました。 
 そして、3年が経った1997年。 あの日感動に包まれた国立競技場に、今度は自分
が立っていました。 自分にとって初の国立競技場での日本選手権がやってきたのです。
この日のために全ての時間をトレーニングに捧げ、心の全てが日本一になることを望み、
流れた汗も涙も全てを自分の糧として、スタートラインに立ちました。
トップタイムで駆け抜けた100m、自己ベストを跳んだ幅跳び、国内自己ベストを出した
砲丸投げ、ベストに1センチと迫った高跳び、トップタイムで走った400m、初日5種目
から今までの全てが弾けていくような鋭い感触が身体中を走っていました。
2日目も疲労感は全くありません。 横風の中自己ベストに0.01と迫るハードリング、
雨の中国内ベストを出した円盤投、自己ベストを跳んだ棒高跳び、ベストに1mと
迫ったやり投げを終え、9種目終了時点では4位につけていました。 トップとの差は
約70点、1500mのタイムにして約10秒です。 1位から3位の選手全てに10秒以上の差
をつけてゴールすれば逆転優勝です。 作戦なんてありません、今まで積み上げた
自分の力を信じるだけです。 それでも、スタート前1時間は全身が震えていました。
「俺の毎日は足りていたんだろうか、あいつはもっとやったんじゃないだろうか」
不安ばかりが頭をよぎります。 でもその不安や弱さこそが日々自分をトレーニングに
駆り立て、自分を育ててくれた最良のパートナーだったのだと思います。。。。

 ゴールラインを切ったとき、後続を確認することなく自分の勝利を確信しました。
結果は1位から3位の選手を40秒近く引き離しての逆転優勝でした。
夢にまで、また現実の日々のいつの時にも見た日本一。。。。
ゴールした瞬間から涙がこぼれて止まらなかった。。 この国に生まれ、この種目を
志した他の誰よりも強く毎日を過ごせたこと、そして自分を動かすきっかけとなった
同じ場所、同じ大会で夢をかなえることができたこと。全てが今の自分につながっています。

 今も毎日負けてます。 でも、自分自身に負けることはありません。
それが勝利につながってることだけは知ってるから。 だから今も夢の途中のような
気がしています。 いつかまたあの場所に。 他の誰より強く過ごせた。。そう思える
日がまたやってくることを待ち焦がれています。 

 ゴールデンゴールズのみんな、それからスポーツを志すみんな。
今日の負け、明日の負け、まー気にすんな!
負けを悔やんでる暇があったら、さあ一歩全力で進もーぜ!

 そんな気持ちでこれからも僕は頑張ります!
いろんなスポーツ、いろんな世界、そのどこでも「全開」で!
それが僕の生き方だし、勝ち方です。 でも勝てなくたっていいんです。
それは足りないだけだから。 自分が積み重ねる一歩が他の誰より大きければそれでいい。
僕にとっては毎日がオリンピック! 毎日が決勝戦!
目指すは毎日世界一!!

一緒に頑張りましょう!!!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ