2009/5/11

脱出  TRPG

「ミストキャッスル」からの脱出成功!!!

運河を渡り水門を開け、シェス湖に出るルートで脱出する事に成功しました。
人族の町「カシュカーン」へ帰ったキャラクター達ですが、これからどうなるかは分かりません。
ですが、しばしの休息を彼らにはとってもらいましょう。

それにしても、2名での挑戦でクリアできたのは行幸でしたね。(*^o^*)
0

2009/5/10

2度目  TRPG

伴侶と二人でやっているほうの「ミストキャッスル」ですが、本日2度目の全滅を経験しました。
二人のキャラクター共、6レベルにまで成長し、少しばかし「慢心の精霊」に取り付かれていたのでしょう。ネームドNPCの「ヒューリカ」と魔法生物との戦闘でギリギリの敗北。しかも私のキャラは生死判定で「ピンゾロ」で死亡しました。

万を持しての全滅表で、出た目は6。
目が覚めると、そこは見た事も無いような豪華な部屋・・・
そう、霧の町の最高支配者「ヤーハッカゼッシュ」の目の前でした。
最高級の食事でもてなされた後、強制的に戦闘に入りますが、倍以上のレベル差のある敵に、ただ唖然とするばかり。
彼との戦いは見事に2ラウンドで終了し、再び全滅。その後は、翡翠の塔の運河脇で目を覚まし、拠点へと戻りました。

レベルが上がっても、決して慢心しちゃいけないってのを改めて痛感した1日でした。

0

2009/4/26

奇跡の逃走  TRPG

今日は友人達を呼んでミストキャッスルです。
まだパーティーの平均レベル2.4ですが、5人と多いので伴侶とやってるときよりずっと安心感があります。(感じだけでした。)

闘技場での規定の戦闘を終え、収入を得るためにキーパーからランダムミッションの内「荷物の輸送」を引き受けたPC達は、荷物の受け取りのために出かけていきました。
途中ドワーフのウルスラから「水汲み」の依頼を受け、サクッとクリアしたものの、闘技場に出るために「未明」の時間帯までに拠点に戻らなければなりませんでした。

そう・・・そして拠点に戻るその瞬間、出ました。
夜間遭遇表で、上位蛮族が・・・
「<できそのないの>ヒューリカ」と呼ばれるバシリスク
(7レベルのモンスターで、このパーティで対抗できる敵では無い。さすがミストキャッスル。)

パーティー達は知略を駆使し戦いを挑みますが、所詮2・3レベル。
その圧倒的な戦闘能力差に、一人、また一人と倒れます。
そして最後に残ったのは、後方にいたプリースト。
圧倒的な絶望が支配する中、とった行動は「逃亡」でした。

ほぼ逃げ出すことの不可能な状況で、試みられた逃亡判定の結果はなんと「6ゾロ!」
あまりの結果に、プレーヤーの皆さんは大喝采でした。
うまくヒューリカをやり過ごし、気絶状態だった他のメンバーと合流し、全滅を免れた事を喜び合っていました。

いやー、だからダイスゲームはやめられませんねwww
0

2009/3/30

ミストキャッスル  TRPG

友人から借りたソードワールド2.0のサプリメント、「ミストキャッスル」を伴侶と二人でやりました。

ああ、古き良き時代のゲームブック並みの難易度に、マゾチックな喜びすら感じました。(笑
内容については・・・まぁ、これから始めるひともいるでしょうから割愛するとして、若干の勘違いを経て、二人とも何とか初日を生き延びました。
何日いきられるかな(笑
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ