2006/7/20

AとB  うさぎ君
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今日のうさこ達:なんで複数形?それは画像の通り、もう1匹のうさぎが、ワケあってマイルームに越して来られたからです。ただでさえ狭い部屋、うさぎ小屋が2つもあるとどうなるか?


もはや人の住む場所にあらず…orz(涙


うーん、うさぎ小屋1ツと688をどけたら、それなりに広いんですけどねぇ。こりゃまぁしゃあないか


ほんで、そのもう1匹のうさぎ。言いにくいので「うさこB」にしますが、こやつはメスで、ネザーランドドワーフという小型の種類です。小型な分、うさこA(ロップイヤー)に比べると、やや神経質かもしれません


うさこBは、元々うちのバカ妹が飼うてたのですが、扱いが粗雑というか何というかで、いつも歯をむき出しにしたような顔をしとりました。しかし、我が家に引き取られてから、ずいぶん穏やかな顔になってきました。動物は素直です


うさこA&Bの小屋は、ケンカするとよくないので、少し離して置いてあります。しかしながら、お互いの存在がわかるのか、微妙に牽制し合ってるのが面白いです


たとえば、わしがうさこAを撫でていると、うさこBはジッとコチラを見てます。うさこBを撫でてると、うさこAは床をガリガリ引っ掻いて怒ります。うさぎにもジェラシーがあるようです(笑




それにしてもよく降りますね。網戸にしてギター弾いてると、雨音がすごいので、ギター(エレキ/アンプ未接続)の音が聞こえへんですわ


さすがにこのあたりでは「土石流」はありませんが、ご近所を流れるドブ川は、そろそろ溢れそうな勢いです。明日もまだ降るんかなぁ



ところで、ネット検索してますと、ある本を見つけました。『日本沈没 第二部』。ぐは!いつの間に出てたんですか!?と思ったら、先週出たばっかりの模様。これは映画より先に読まねばなりません!


にも書きましたが、作者の小松左京氏は、当時の「あとがき」で「続編として、日本民族流浪編も書こうと思うてたが、やっぱやめた」と記してました。それを、あらためて書き起こしたわけですな。どうやらこの『第二部』は、祖国を失った日本民族の漂流編のようです(共著:谷甲州氏)


第一部を読んだ当時、素朴な疑問がありました。日本が沈むほどの地殻変動があったのなら、なんで周辺各国には何の影響もないのか?火山灰の影響もあるはずですし、漁業なんか壊滅でしょうに


と思ってたら、第二部では、そこらへんも絡んでくるようです。うーむ楽しみ

2006/3/16

飼い主は語る  うさぎ君
クリックすると元のサイズで表示します
今日のうさこ:換毛が最盛期を迎えたうさこさんは、全身が「もけもけ」状態。外に出すと足元にまつわりついて来るのやが、毛が服に着きまくるのでエライことになります。画像は「待て」と言われて、ちょっとスネ気味の図w


クリックすると元のサイズで表示します
おりこうさんに「待て」が出来たので、イチゴを1つあげました。生野菜や果物は、あんまりもらえないこともあって、素晴らしい食いつきをしてくれます。あ、食事で虐待してるのではないですよ(汗


うさぎは食べたものを吐き出すことが出来ないので、毛づくろいして毛を飲み込んでも、お腹の中で溜まりがちになります。固形飼料ばかりあげてると、猫でいうところの「毛球症/ヘアーボール」になる危険性もあります。


また、生野菜等もあげすぎると、下痢の原因にもなります。なので、いろいろ組み合わせてあげねばなりません。ニンジンだけやっとりゃエエ、ってなモンでもないのですわ。


家飼いのうさぎは、平均寿命がだいたい5年ぐらいらしいです(獣医師談。でも、ちゃんと面倒をみてあげれば、もっと長生きしてくれます。先代まるちゃんは8年も生きてくれたので、獣医がビックリしてました。この子は何年ぐらい生きてくれるのやろうか。


「かわいいかわいい」で飼うのも、キッカケとしてはエエんですが、そのあと、その動物に応じた面倒がみれるか?ってことまでは、実際あんまり考えられてへんようです。


「うさぎ飼いたい」と言う人は多いんですけど、そのたびに聞いてます。「毎日ちゃんと面倒みれんの?」って。ぶっちゃけ手間もかかりますし、思うようにうさぎが動いてくれないことも多々あります。それでも毎日、愛情をもって世話することができますか?「飼う≠ぬいぐるみを買う」ではなく、「命を預かる」という意味やと考えた上で、動物を飼うていただきたいと思う今日この頃。


2006/2/16

かみさま、わしを「どくさいしゃ」にしてください  うさぎ君
『ドラEもん』の道具に「どくさいスイッチ」というのがありましてね。そのスイッチを押せば、誰でも独裁者になれるという厄介なブツです。


もしもそれが手元にあったなら、わしが独裁者になり、ぜひ蹴りコロしの刑に処したいヤツが3名おります。

■日刊スポーツ
18歳少年らボール代わりにウサギ蹴り殺す




怒!怒!怒!



ちょっと記事内容が悲惨すぎるので、ここでは書きません。こやつら、出所してきても、どうせ似たようなコトやるでしょう。しかも、今度は人間相手にやるかもしれません。世の中のために是非シんでもらいたいです。いえ、シネと命令します。



うさぎは弱い動物です。背骨が弱く、ちょっとした衝撃でも命にかかわることがあります。それでも彼らは、彼らなりに精一杯生きています。愛情をもって接すると、それ以上の愛情で応えてくれます。彼らにも感情はあり、間違いなく「生きて」いるのです。ちっぽけで、何匹も生まれてくる動物ではありますが、たしかに「1つの命」なんです。


小学校では、情操教育の一環として、よくうさぎを飼育しています。うさぎは滅多に噛みませんし、鳴きもしません。意外にもキレイ好きです。温度管理や掃除に気を遣ってやれば、わりと飼いやすい動物やと思います。


事件のあった小学校でも、そのうさぎは「シロノスケユキノスケ※ご指摘どうもです;汗」と名付けられ、人気者で大事にされていたそうです。


それを無理矢理連れ去り、ボールのように… 涙



すいません、連中を




蹴り殺してもエエですか(怒!



というかね、いつも思うんですよ。犯罪者は、被害者以上に「人権!人権!」っていわれてますやん?そんで被害者側は、泣き寝入りに近い状態。もうね、いっそのこと、自分がやったことと同じ目に遭わせてやればエエんとちゃいますん?被害者に「復讐」する権利をあげてくれ、と。



ウチのうさこ、実は先天的な遺伝の異常で、後ろ足の指本数が少ないんです。いわゆる奇形ですわ。ショップでは売れんし、繁殖用にも使えん。ということで、里親募集してたところを、たまたまわしが見つけて連れて帰ったんですよ。


もしも誰も「飼い主」が現れへんかったら、実験用として売られてたかもしれません。そんな動物がたくさんいます。強い立場の人間が、弱い立場の動物を、好きなように扱っているのが現状です。そんな資格はないのにね。



強けりゃエエ、金持ってりゃエエ、学歴ありゃあエエ、売れたらエエ、何してもエエ、そういうモンですかい?それで世の中にあふれてるのは、クズな人間やロボみたいな小僧、しょうもない音楽やすぐ壊れる製品、上辺だけのキレイゴトですよ。何がええもんか。



かと言うて、わしは無力です。大したコトが出来るワケでもありません。せいぜい、自分自身スジを通して生きるコトぐらいです。orz

クリックすると元のサイズで表示します


でも、せめてうさこさんには、束の間でも「しあわせ」を感じてもらいたいです…。

2005/11/10

まるちゃん  うさぎ君
三年前に比べれば、11月にしては暖かい。今日は先代うさこ・まるちゃんの命日。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

まるちゃんは、いわゆる雑種の白ウサやった。手のひらサイズの頃にウチに来たこともあって、めっちゃよくなついた。特にしつけらしいコトもせえへんかったのやが、壁やコード類をかじることもなく、ニョーを撒き散らすこともなく(笑)、おりこうさんなウサギやった。


なので、今のうさこと違い、部屋ん中で放し飼いにしてた。お気に入りの場所は座布団の上で、よく寝ながら船をこいでた(笑。

わしが帰宅すると、パタパタパタっと走ってきて、口をパァッと開いた、まるで笑ってるかのような顔で出迎えてくれたもんや。それだけで、何か疲れの取れるような感じやったなぁ。


なんというか、ペットというよりも、子供みたいに接してたように思う。



まるちゃんの思い出は幾つもあるんやが、その中で忘れられん話がある。



わしがインフルエンザで寝込んでた時のこと。感染ってはイカンと思い、まるちゃんは別室に移動してもろうた。夜中、高熱でウンウンうなってると、何やら枕元に気配が。

見ると、どうやって入ってきたのか、まるちゃんがいてる。どうも口と鼻を使って、フスマを開けたらしい。しばらくわしの顔をジッと見ると、またスタスタと隣の部屋に戻っていった。

熱もあったので、わしは夢を見たのかと思うてた。すると、またまるちゃんがやって来た。口には大好物の大根の葉っぱをくわえている。それを、わしの枕元に置いた。

「これ食べると元気になりますよ」

そんな感じやった。おかしくておかしくて、熱も忘れて笑ってしもた。ほんでその大根の葉っぱ、結局まるちゃんが、その場で全部食べてしもうた(笑。



まるちゃんを失った悲しみは、もうずいぶん癒えた。三年という月日は、そういう意味では無情なんかもしれんが、いつまでも悲しんでいては、まるちゃんに申し訳ない。これでエエのだ、と思う。

たくさんのモノを、まるちゃんから貰った。愛情というのが、こんなにも深くて重たいものなのかと、彼に教えられたんやと思う。

思い出は、たぶんそのうち風化していって、単なる情報になってしまうやろう。でも、キミからもらったたくさんのモノは、今でもにいちゃんの中で、しっかりと生きてるよ。


ありがとうね、まるちゃん。

2005/10/26

はやく おきて  うさぎ君
クリックすると元のサイズで表示します今日のうさこ:朝起きると、うさこが画像のような状態で固まってた。わしが起きるまで、ずっとのぞいてたらしい。しかし、まったく気付かず(笑。犬や猫みたく、鳴き声を出せへんからねぇ。


うさぎは鳴かない、と言われる。きゃつらは声帯が発達しとらんのですよ。んが、実際は「ムームー」とか「プゥプゥ」などの音を出す。これは、鳴いているというよりも、鼻を鳴らしているというのが正しい。ま、鼻息みたいなもんですな。

あとアレです、表情がイマイチ読みとりにくい。よく見てると微妙な変化はあるんやけど、犬猫みたくハッキリとわからん。まぁその分、アクションは派手なんですが(笑。


つまり、うさこが何をしたいのか、何をして欲しいのか、よーく観察する必要があるワケです。


んで、こっちをずっと見てるので、きっと夜中にひとりぼっちで寂しかってんやろうと思い、よいこなでなでをしてやろうとすると、「そうじゃないです」みたいな顔をする。見るとエサが空っぽ。


そうか、腹が減ってたのね・・。


しかしチミ、固形飼料ばっか食べると、すぐに消化不良でGARYするやん。ちょっとだけやぞ、と言い聞かせる。もちろん、うさこは理解してない(笑。彼にしてみれば、単純に「ごはんがほしいのがわかってもらえた」のが嬉しい模様。



話は変わるが、33-4っつーのはひどいスコアですな。まぁストレート負けで良かったような気はするが。ここで興業のため最終戦までもつれさせたりしたら、さすがに阪神ファンでも興ざめするもんね。


とりあえずロッテさん、おめでとう。



そうそう、例のタレント養成所ですが、今日看板を見たら、また一文追加されてた。クリックすると元のサイズで表示しますいわく「レンタルスペース」ですと。なるほどね。タレント養成だけで経営しようという無謀な考えは、さすがに無かったようや(笑。

近所の会合や子供の発表会にでも使わそうというんやろな。しかし、それやと公民館とかで十分やないのかね?このあたりで需要があるとは思えんのやが。


まぁアレですな、タレント志望の若いベッピンなオネエちゃん達のレッスン姿を見学しようという、わしの浅ましき魂胆は、脆くも潰えたことだけは確かや(笑。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ