2011/9/11


東日本大震災発生から、ちょうど半年が経ちました。まずは黙祷。



あえて「発生」と書いたのは、震災そのものはいまだ続いているとの認識からです。余震もありますし、被災地の生活・産業がズタズタになったままで、現在もなお被害が終息したわけではありません



これは米軍事衛星が撮影した東北地方の夜の写真




クリックすると元のサイズで表示します



左は昨年9月5日、真ん中が大震災発生翌日(3/12)、そして右が先月27日のものです。昨年に比べると、圧倒的に光の量が少ないです。しかも3/12と8/27では、あまり大きな変化(進展)は見られません。とりわけ沿岸部は暗いままです
(´・ω・`)



わしのように他府県に住んでいると、こういう画像を見て初めて「ああ、まだ終わってないんだ」と実感するのですが、現地にいらっしゃる方々にとっては、これが直面せざるをえない「日常」になってるのです



そんな状況にあって戦い続けている人達は、ホンマにすごい。同じ状況に置かれたら、自分にそれが出来るだろうか?と考えてしまいます



いまのところ当地大阪では、なにかと忙殺されつつも、これまでと大差ない日常が続いております。ゆえに、こんな時にこそ、いろいろと、そして冷静に考えておきたいなぁと思うのです





そして9.11、あの米国同時多発テロから10年目であります。深夜、崩れさるツインタワーの映像に釘付けになった方も多かったことでしょう。あれから10年になるのです



9.11テロについては、謀略説や自作自演説なども飛び交っておりますが、亡くなられた方々がいることは間違いありません。ゆえに、その方々に哀悼の意を。黙祷。





3.11にしろ9.11にしろ、どちらも「それまでの日常が一瞬にして奪い去られた」事象です。朝、いってきますと笑顔で出かけた人が、もう帰らぬ人になってしまった。それが何千、何万とあるのです



わしらが笑顔で過ごしている日常の裏には、そんな人達の膨大な悲しみがあります



その悲しみを分かち合え、理解しろというのは、さすがにちょっと難しい。当事者でないとわからないことも多々ありますから



しかしながら、まだ笑顔で過ごせる日常があるのならば、せめてそれが「与えられて当たり前」などと思わず、無為や無駄に費やすことなく、しっかり噛み締めて生きてゆきたいものです



だってさ、そんな日常も、永遠に続くなんてことはないんだからね



WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

2011/8/31

当てずっぽう  日常たわごと君

明日は9月1日、いわゆる二百十日で防災の日なんですが、おあつらえ向きというか、台風が絶賛接近中であります



クリックすると元のサイズで表示します



うーむ、関東方面へ行くはずやったのに、太平洋高気圧さんが本気を出したのか、当地に向かってるやないですか。まぁ東北を避けてくれたのでエエとしよう



この台風12号、現時点で中心気圧が965hPa、最大風速が35m/sとなってます。ちなみに先頃米国を騒然とさせたハリケーン「アイリーン」は、最大風速が45m/s。ぶっちゃけアイリーン級はしょっちゅう来てるのよね日本には
(´・ω・`)



しかしながら、いくら慣れてるとは言え、台風の恐ろしさは変わりません。くれぐれもご用心を。決して「ちょっと用水路を見てくる」「屋根の様子を見てくる」などと言わないように!





さてさて。今月アタマのエントリーにて「いままで立ったフラグの回収が始まりまあす」と書いたところ、本当にそれらしき動きが多発しまして、思わず自分で



予 言 者 現 わ る



と唸ったものです。書いたことが実現する男前日記。しかし、いまだバンドは売れず。おかしい。出来るならエエ予言が当たってほしい
orz



まぁいろんな情報を眺めてますと、漠然とですが、これから何が起きようとしているのか、見えた気になることがあります。たとえて言うならばナスカの地上絵みたく、ちょっと離れて情報を眺めてみるのですね。そうすると、そんな感覚になれます



クリックすると元のサイズで表示します



ナスカの地上絵の中には、成層圏の高さから見ないと全体像が確認できないものもあります。怒濤の如くあふれかえる情報をその高さから確認できるのは、ほんのひと握りの人間のみです



ゆえに、わしレベルで「見えたッ!」と思うてるのも、実態の断片に過ぎません。あらゆる情報を俯瞰で見てるニダ。w などというお菓子なヒトもいますが、個人レベルでそれはありえんよ




てなわけで、性懲りも無く「9月の"当てずっぽう"予言」をww




なんといいますか、8月の流れからしますと「回収に対する反撃」が表面化してくるでしょう。それとともに「いまの日本でそんなことが!???」なことも起きまする



某スネークさんが言うところの「流れ弾に注意してね☆」が、おそらくそれらに当たるかと



クリックすると元のサイズで表示します

※某スネークさん近影



とか書いてたら、それっぽいニュースが飛び込んできてガクブル




■時事通信:赤痢発症で営業自粛=東北・北海道などガスト120店−すかいらーく(2011.8.31)

■時事通信:ライブハウスにガソリンまかれる=10人症状訴え、数人搬送−東京・渋谷(2011.8.31)

■YOMIURI ONLINE:渋谷のライブハウス、スプレー男ガソリン?まく(2011.9.1)




衛生管理が行き届いてるはずの現代に赤痢とか?そんでもってライブハウスでガソリン撒かれるとか?ここはマジで日本ですか?状態



((( ;゚Д゚))ガクガクブルブル



てかライブハウスでやるなよ。迷惑きわまりないぞ。犯人は大阪府茨木市在住の無職の男(23)となってますが、名前を出せ名前を!



まぁこの2件は「たまたま」としても、これに類した、なんというか、これまであんまりなかった事、現代人が忘れてしまってるような事が、9月には起きるような気がします。自然災害というよりも人為的なもので



あくまでも「当てずっぽう」ですw



それと、フラグ回収は続行してますので、珍助に限らず、またテレビの出演者が減るかもね。これまた当てずっぽう。当たったらロト6買うことにしますww




WOEPライブ情報
9月4日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN 1000円/要1drink
※anbaの弾き語り




WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

2011/8/25

転換点  日常たわごと君

今週の日曜はWOEPライブなのですっ!



WOEPライブ情報

8月28日(日)
寺田町 FIRELOOP2001

17時半OPEN 18時START
前1500円/当2000円(別途1drink要)
※JR環状線「寺田町」高架下の旧店舗が今月からリニューアルオープン
※WOEPの出番は20時前の予定です!




チケットのお取り置き、承っております。お名前とご希望枚数をメール、コメントくだされば、前売り料金で入場できるよう手配させていただきます。どうぞよろしくなのでございます
m _ _)m



やー、FIRELOOPは久しぶりだす。なつかしい再会も期待できそうで、いまからワクワクテカテカなのでございますよ。イエ〜イ中道っつぁん!見てるぅ〜?ww




ということで、音楽屋のblogはここまで(ぉぃ




そういえば時事放談blog化してから、もうどのくらいになりますかね。始めた当初は「そういうのは重たい、怖い」などとしょっちゅう言われたものですが、今じゃ現実がアレになっちまいまして、逆に「もっと書いてくれ!」と言われる始末(汁



まぁ素人の床屋談義ではありますが、読者のみなさまに「前とはニュースを見る目が変わった」「ニュースや事件の裏読みをするようになった」「政治や経済は暮らしに密着してることがわかった」と少しでも思うてもらえてるなら、大変うれしゅうございます




当初より弊blogは「自分で考え、自分で調べ、自分で学び、自分で判断する」を基本にしてきました。ゆえに、ここに書かれてある内容も、決して鵜呑みにせず、ご自身で検証なさることを強くお勧めします



なるべくソースを提示した上で書いてますが、主観というかポジショントークというか、そういう書き方になってることもありますので





まぁそれにしましても、現在の我々は間違いなく「歴史の転換点」におります。いわゆる歴史の目撃者なわけですね



転換点ゆえ、起きる事象が当人(自分)にとって笑えないどころか命を奪う、なんてこともありえます。自分にはそういうことは起きない、なんてタカをくくるのは一番危険です



そのよなリスクは多々あれど、歴史が劇的に動く場に居合わせることが出来るなんて、これはもう偶然中の偶然。何が起きるのか、そしてどう変わっていくのか、しっかり見据えて記憶していくつもりです



この転換が落ち着いた時、果たしてわしが生きてるかどうかはわかりませんが、もしも生き延びたならば、自分が見聞きし記憶したことを、次の世代へ語り継いでいきたいのですわ




音楽屋のニイちゃんが、語り部のジイちゃんになるのさ。なんかエエでしょ?(笑




わしが子供の頃、ちょくっとだけやけど、じいちゃんばあちゃんから戦時中の話を聞いたのね。なんせ実体験です。教科書にもどこにも載ってない、とある個人の戦争体験なわけです



それを聞いてたがゆえ、極端な右にも左にも流されることはなかったのやろうと、いま振り返って思います。だからわしもまた、実体験を伝えたいのね



それに「縦のつながり」は、日本人の精神的支柱でもありますから。それを復活させるのも、願いの1つです





話はいきなり飛びまして。「珍助騒動は『人権擁護法案(人権侵害救済法案)』上程の目くらましだ!」という声もあるそうで。へぇ、あれね。まだあんなクソ法案を出そうってのもアレですが、目くらましする意味もないのですね



だってさ、いま法案を上程したとして、国会の会期内に可決できるとお思い?そもそも審議どころか趣旨説明も出来ないですよ。そんな時間は無い。んで廃案



こんな時期に出すということは、可決させる気が無いということ。こりゃ「法案可決を望む者たち」に対するポーズやと思いますよ



つまり「ちゃんと法案出しましたよ、でも時間切れでアウトでした。てへっ☆」みたいな。それこそ目くらましじゃまいかw



てことは、やっぱり切り捨てモードに入ってるのか。それにまつわる波乱も、どんどん増えていくんだろうね
(´・ω・`)




ではまた明日〜♪



WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

2011/8/18

魔界大決戦  日常たわごと君

なんとなく懐かしい映像を



■YouTube:Kiss - I (1981)





この曲「I」は、たしか「エルダーの戦士」という邦題が付いていたはず。収録されているアルバム「Music From "The Elder"(魔界大決戦)」は当時叩かれまくりましたが、この曲はシンプルでカッチョいいと思うの



この時は、エース・フレーリー(Gt)もピーター・クリス(Dr)も抜け、実質「2人KISS」になってたのよね。キビシイ時代を耐え抜いて活動し続けてるKISSは、なんだかんだ言うてもスゴイと思います




そんなわけで、おこんばんは。本日は世迷い言をツラツラと書いてみたく




何度も書いてるんですが、3.11の震災以降、その人のスタンスというか本質というか、そういうのが外から見えやすくなってきたと思うのです



いや、露骨なまでに外に出てきたと言うべきか。民主党や東電のみならず、また政治経済といった分野に限らず、一般の人達の日々の暮らしにおいても同じことが起きてるように見えます



震災にしろ原発事故にしろクソ政権にしろ、そして危険度の高まる世界情勢にしろ、戦後世代が経験したことのない事象が立て続けに起きてますので、まぁ平常心でいろという方が難しい



これまでと変わりない日常を過ごしているように見えて、どこか緊張感や焦燥感、高揚感みたいなものを常に覚えている。それがゆえ、平時なら隠したり引っ込めたりしている部分が出てしまうのやないかと思うのです



元々どうしようもない基地外やロクデナシが脚光を浴びてしまうこともあれば、ごく普通に見えた人が(不安等から)いきなりそやつらの信者になってしまったり。枚挙に暇がないっす



海外に目を転じても同様。理想を語るだけのヘロヘロなリーダーが跋扈して、基地外沙汰の暴動が起こり、どこもかしこも経済はお先真っ暗




「デビルマン」という漫画の中で、デーモン(悪魔)が人間達と融合していく描写がありますが、なんとなくそんなイメージが浮かんだり
(´・ω・`)




まぁ震災以前からあったことが明るみに出てきただけなんでしょうが、それにしても一斉に出た感があり、ちびっと不気味なのです



わしはオカルト系の話は(ネタは別として)基本的にパスです。しかしながら、世界中の動きを見ると、ひょっとしたら魔界の扉が開いて悪魔でも飛来したのか?宇宙から正体不明の何やらが照射されてるのやないか?などと妄想したくなりますw



あ、いや、今日の話はあくまでも世迷い言ですよ
(;´∀`)



とりあえず、こういう時には「流されないハート」でいましょう。ロッキンローラーは転がっていくけれど、それは己を磨くためであって、流されるのとはワケが違うのです




WOEPライブ情報

8月28日(日)
寺田町 FIRELOOP2001

17時半OPEN 18時START
前1500円/当2000円(別途1drink要)
※JR高架下の旧店舗が今月からリニューアルオープン、らしいです




WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

2011/8/15

終戦の日に寄せて  日常たわごと君

今日は終戦の日です。黙祷。



クリックすると元のサイズで表示します



先の戦争については、誤った認識を持ってしまってる方々がいまだに少なくありません。とりあえず、過去ログ「アジアと日本」をご覧くださいまし



戦争に限らず、当時の世界情勢を現在の価値基準で判断すること自体、大きな間違いなのです。歴史を「認識」するってのは、当時の価値観を把握することでもあるのね



それと、一般的に右翼=保守が戦争賛成派だと思われがちなんですが、実際には、戦線の拡大を望んでいたのは革新派でしょう。この方の見解が鋭いですね




■システム論アーカイブ:太平洋戦争における保守と革新



右派左派だけの単純な分類に惑わされちゃなりませんぜ旦那



それとね、戦後に作り上げられたイメージだけで語っちゃダメっすよ。いまはネットをちょっと掘れば、詳細な情報が出てくる時代。自分で調べて学ぶことは、とても大切なことです



わしゃ戦争を賛美するつもりなんぞ毛頭ありません。ナンボ言うても戦争は愚行でありますし、あんなものは無い方がエエに決まってます



また、大日本帝国を全面的に支持したり美化するつもりもありません。侵略うんぬんじゃなくてね。ありゃ一種のカルトだと思うとりますの。まぁ似非保守がやりそうなことではあるけれど



しかしながら、国のため家族のためと戦って亡くなった方々を愚弄することは、断じて許せんです。また、いわゆる戦勝国史観をはじめ、歪んだ歴史観を「さも真実だ」と言わんばかりに吹聴する連中も許せん



ちょいと脱線しますが、これも言うておこう。戦争は愚行です。だがしかし、侵略に対しては断固たる排除をすべきやと思うております。家ん中に泥棒が入ってきたならば叩き出す、これが道理





英霊という言葉にはいろんな反応があるだろうけど、戦ってくれた人々に礼を尽くすのは、後世の人間としては当然のこと



それに、いつの日か日本の再生をと願い、散っていった方々の想いを、我々は果たさねばならんのです。なぜなら当時と違い、現在の日本の主権者であるからです



主権者ってのはさ、権利だけじゃないんだよ。国を受け継いだ以上、責任も義務もあるんだよ
(´・ω・`)





そして、この日が来るたびに言われる「もう過ちは繰り返しません」の言葉。その「過ち」とは何なのでしょうか?



戦争をしたことでしょうか?


戦線を拡大し過ぎたことでしょうか?


軍部が撤退時期を見誤ったことでしょうか?


未来ある若者を多数戦死させたことでしょうか?


国民に多くの犠牲を出したことでしょうか?


軍隊をもったことでしょうか?




言葉の検証をなさった方がエエです。もしも「二度と戦争をしない」という意味で使われているなら、侵略されても抵抗しないと言うてるに等しく、その考えは捏造史観に毒されていると言えます



その時代にはその時代の、そして国の数だけの「正義」があります。戦勝国が正義だという前提での「過ち」ならば、そんなもんはクソくらえですわ



イメージだけに流されてはなりません。自分で考え、学び、行動する、それらをしない人が主である限り、バカどもの暴走は繰り返されるのです。無関心・不勉強・無責任が最も大きな過ちですよ




では、明日から通常に戻ります




WOEPライブ情報

8月28日(日)
寺田町 FIRELOOP2001

17時半OPEN 18時START
前1500円/当2000円(別途1drink要)
※JR高架下の旧店舗が今月からリニューアルオープン、らしいです




WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ