2011/10/1

勉強しましょ  日常たわごと君

10月に入りました。今月はWOEPのライブは無く、弾き語りも平日にやるという、いつもとはちょっと違ったアレでございますの



WOEPライブ情報
10月5日(水)
日本橋 太陽と月

19時OPEN 1000円/要1drink
※anbaの弾き語り




出番は2番目の予定なので、たぶん20時くらいかな。お仕事の帰りに、ちょくっとお立寄りくださいまし。カバーもやります♪



WOEPライブは来月、11月13日に心斎橋のサンホールで予定しております。サン、久々でんがなまんがな。詳細決まりましたら、またコチラやメルマガにてご案内いたしますね





さて、なにかとアレな10月でございます。すでに仕込みは完了しており、あとは目に見えてアレな具合がわかってくる展開でし、という報告を某スネークさんから受けましたw



各方面、なにかと騒がしくなるんでしょうな。実のところ、歴史の大きな転換点にいるのやと思いますわ



でね、「何が起きるんだろうガクガクブルブル(怖」と怯えるのやなく、こういう時こそ絶好の勉強の機会やと捉えてみてはいかが?というのが今日のお話





人間ってのは、危機に直面すると本質が現われるものなんですが、その人間が営む社会や経済にも同じことが言えます



現状、ズバリ「危機」を迎えてるわけで、それまで隠れていた(隠されていた)、あるいは見えにくかった事柄が、時にチラっと、時にハッキリと、この目に見えるようになってるんですね



おまけに、これまでは机上論の中にしか存在しなかったような出来事が、現実に起きとります。言い方は悪いかもしれませんが、サンプルの宝庫なのです。いまこそまさに



勉強(・∀・)チャーンス!



ちょうど秋の夜長、涼しくなって頭も回りやすくなる時期です。勉強のための環境がバッチリ揃っております♪




勉強というと、毛嫌いしたり拒絶反応を示すヒトも少なくありません。勉強を「拘束や強制、抑圧の代名詞」のように考えてるヒトもいます。まぁ子供の頃の学校の勉強ってのは、たしかに面白くないものではあります



そのせいもあってか、勉強を拒否することがカッコイイ、みたいな風潮もありますな。不良=実はエエやつ、みたいな図式か



しかしながら、学校での勉強はともかくとして、学ばないヤツ、知的好奇心のないヤツ、学ぶ意欲のないヤツってのは、ろくな人間じゃないね。過去に得たショボイ知識の範囲内でしか生きてないからさ



おっと毒を吐いてしまった(汁。いや、ここで言うところの勉強は、数式をや年号を覚えたりってのがメインじゃないのです



いま何が起きて、どうなってるのか?まずその流れを知り、学ぶこと。そして、それを入口にして、様々な分野の扉を開けていくこと。これです



たとえば政治。クソ民主党!とは言うものの、ではなぜ民主党はクソなのか?どうしてそうなったのか?そんな感じで掘っていくのですね



そこには経済問題も絡んできます。経済の勉強(・∀・)チャーンス!現在の世界はサンプルだらけで学び放題。お隣には、教科書の中にしかなかったスタグフレーションを実現した国もあります



そして歴史的な観点も必要になってきます。物事ってのは単発でどうこうではなく、連続性の中でどう見るかが大事なのであります



これらは音楽でいうところの「ルーツの立て掘り」と同じですね。好きなミュージシャンを切り口に、興味の対象を広げ、深めていくというアレです



結局のところ、何事においても「自分を高めていくために」やる方法ってのは、同じってことなんだわね




ところで、何のために勉強をするのか?ですが、




将来のためだとか、情弱にならないためだとか、まぁいろんな答えがあると思います。わしの答えは至ってシンプルっす




自由になるため、自由であり続けるため、ですわ




学ぶことを放棄し、情報の選択や判断を他者に委ねる・まかせるということは、これすなわち自由を放棄したに同じ。一見すると勉強から解放されて自由になったようでいて、実は自由の範囲を狭められていってるのですね



わしゃロッキンローラーだからね、そういうのはイヤなのよ。だから勉強する。これこそ自由への道!



WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

2011/9/30

そして時は動き出す  日常たわごと君

9月も今日でおしまい。これで2011年も4分の3が、7割5分が過ぎたことになります。まだ寒い時期に震災があり、そしてまた寒い季節になろうとしているのです



「早いなぁ」とは言いません。被災地のことを思えば、これだけの時間が経ちながら、いったい何をどんだけ進めたんだよ!という気分になりますので
(´・ω・`)



民主党ってば、実務能力ゼロだからね。復興や原発事故対策もそうだし、売国したくても能力もパイプも無いから、なーんも出来ないの



懸念されてる売国法案(外国人参政権、外国人住民基本法案、選択的夫婦別姓、人権侵害救済法案/人権擁護法案)ね。反対の声は上げ続けなければなりませんが、ありゃ1つも通らないよ。連中にそんな力は無いです



それどころか民主党は、連中にとって、そのシンパにとって、そして心の祖国にとって「最悪の選択」をやっていかなきゃならんようになるでしょう



特ア大好き+極左反日大好きっ子が、そやつらを壊滅させるための先兵になるわけですから、こりゃ皮肉な話っすよ




それと、昨日の記事にあった推測に基づくなら、2009年の政権交代も「日本 vs ハゲ」の戦いの一環で、しかしあまりにも民主党が無能であったがゆえ、ハゲが特大ブーメランを喰らったのやないかと考えてみたり



格付け会社なんてハゲとズブズブやし、自作自演で投資を煽ってきたようなもの。その「勝利の方程式」も崩れたことで、ハゲ主導型の経済は終わりを迎えるかもね



まぁわしの予測なんて当てずっぽうですので、「そういうこともあるかもね」程度でお読みくだされ。そういえば9月の予測(※回収への反撃、人為的な大事件云々)も当たらんかったし
(;´Д`)




しかしながら10月からは・・・





クリックすると元のサイズで表示します



ザ・ワールド(世界)!!そして時は動き出す!のでありますッッ!!



いや、まぁ世界も時間も常に動いているのですけどね。言うてみたかっただけですよ(笑



余談ですが、スピリチュアル()な方々によれば、「マヤ暦」が終わるのが2012年12月21日で、それが人類最期の日なんだそうです。んで近年、それに異を唱える説があり、マヤ暦の終わりは2012年ではなく、




2011年10月28日、なんですと!




1ヶ月切ってるじゃんwww
\(^o^)/オワタ




まぁどうでもいいです。連中の言うてることは、わしの予測以上に当たった試しがありません。後付けの理屈はナンボでも言えますからね




10月に激動!というのは、まったく根拠が無いわけではなく、たとえば国内でしたら暴力団排除条例の全国施行があります。また、今日(9/30)で国会は閉会となりましたので、議員の不逮捕特権もなくなります



海外は・・・、もう言うまでもないっすね。欧米も特亜もパニックパニック♪いつ何が起きても不思議やないです




ということで我々一般庶民は、自衛と勉強に努めるしかございません。健康も大事です。人のつながりも大切にしましょう



ハゲの価値基準に左右されちゃダメね。




WOEPライブ情報
9月4日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN 1000円/要1drink
※anbaの弾き語り




WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

2011/9/24

盤石不動  日常たわごと君

休憩所のテレビでNHKの連ドラ「おひさま」が流れてましてね。ヒロインのセリフに、なかなか興味深いものがあったのです



「いままでお父さんの気持ちなんて考えたことがなかった。親はずっと強いものだと思ってた」というニュアンスのもの



うーん、これはまさに!という感じです。正直なところ、わしもまた「親は強くて不動の存在」的な考え方を持ってましたもん
(´・ω・`)



でも実際にはそんなことはありません。親も人間であり、取り乱すこともあれば不安になることもあります。それをなるべく子供の前で見せないようにしてるだけなんすよね



あらためて感謝なのであります
m _ _)m



親でなくとも、周囲に気を遣わせないため、あるいは周囲を元気づけるために、自分の弱い姿を見せないようにしている人もいてます。本当は逃げ出したくてたまらなくても、その場で戦い続けている人もいます



福島第一原発の現場で作業している方々もそうだよね



盤石不動の人間なんていません。みな、それぞれの不安や恐怖を抱えながら、それでも「ここでくじけたら他を不安にさせてしまう」との想いで、逆に周囲を鼓舞する行動や言動に出たりするのです



そういう存在があるからこそ、不安は緩和され、その分余力が生まれたりします。わしの周囲にも、きっといるのだろうな。感謝感謝



ただ、やり過ぎるとストレスになりますし、場合によっちゃ鬱や病気にもなります。体あっての人生。どうかそのあたりは十分にお考えくだされ




一方で、いつまでも「(親を含め)自分以外の存在は強くて不動なもの」という考えを無意識のうちに持ち続け、余計なコトを言うたり当たり散らしたりするのは、精神年齢が低いということですね



思春期そのまま大きくなりました、そんな感じの大人も少なくありません。いちおう大人なので「社会に反抗してるんだ」的な理屈は言いますが、その実、やってることは中学二年生レベルだったりね



大きな存在への反抗や反発・抵抗は、なんとなくカッコイイ。権力や権威は常に悪である。そんなイメージを持っているのなら「中二病」かもしれませんよ



だってね、レッテル貼りやイメージ先行で判断してるわけで、それはとても「大人の思考」とは呼べないからね
(´・ω・`)



権力や大きな存在であるとしても、それがイコール悪ではありません。それが存在するがゆえに成り立っていることも多々あるわけで、メリットに目を向けず、デメリットだけ誇張するのはおかしいのです




まぁ国なんてのは、その最たるものですわな




どんな分野でもそうですが、極論に走ったり、やたらと煽りまくったりするヒト達には、どうもこの「中二」的な傾向があります。フラットになれない(ならない)、そのくせ自分達は絶対正義であるかのように謳うのです



この世に絶対正義などない。人の数だけの正義があります



対立する意見があるなら、スジが通ってるのかどうかを見極め、それとどう折り合いをつけていくのか、そういう面倒くさいプロセスを経て、「とりあえずの正義というか合意」を得ていくしかないのです



言うてみれば、これは「政治」そのものです。つまり、ちょっとした人間関係のように、我々のごく身近なところにも「政治」は存在するということですわ




そして、そんな政治や国家もまた、盤石不動のものではありません




まぁなんというか、状況が状況なだけに、いつまでも甘えてるヤツを置いておく余裕もない、というお話です。盤石不動であってほしければ、そうなるように協力、あるいは尽力していかなきゃね



WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

2011/9/21

2つのブーメラン  日常たわごと君

当地は昼前まで強風+雨ざかざかのコラボでしたが、台風通過後は一転して青空ものぞく、爽やかな天気となりました。特に大きな被害が出たという話も(わしは)聞いておりません



しかし台風15号は各地で猛威を振るったようです。とりわけ首都圏では、交通機関がマヒしたこともあり、震災後みたいに「帰宅難民」が続出したとか



■イザ!(産經新聞):震災の悪夢再び…帰宅難民で溢れる新宿(2011.9.21)



まぁ風速25mの中を歩いて帰るわけにもいかんからねぇ。隅田川が氾濫したり、あちこちで木が折れたりしたみたいだし



ヘタに人口が多く、また通勤者も広範囲に存在するので、首都圏で災害が発生した場合、どうやってやり過ごすか(ステイ)とともに、とっさに脱出や帰還の手段も考えねばならんのでしょうな



こういう本に事前に目を通しておくのがエエですね



■amazon.co.jp:震災時帰宅支援マップ 首都圏版 2011年版



これの京阪神版もありまして我が家でも所有してるのですが、2005年度作成とデータが古く、地方都市・大阪の悲哀を感じずにはいられません(涙。昭文社さん、最新版よろしく!



台風15号は、現在東北地方を縦断しており、あろうことか仮設住宅にも避難指が出ております


■MSN産経ニュース:【台風15号】仮設34世帯にも避難指示 岩手県大槌町(2011.9.21)


いくらなんでも、これは酷すぎるんとちゃいますか?>お天道様
(´・ω・`)




子供手当などの目先の欲にくらんでクソ民主党政権を誕生させてしまった日本人に、八百万の神々がお怒りなのだ。なんて話もあります



まぁオカルトじみた話はどうでもエエのですが、他人まかせ、他人事、無責任、責任転嫁、利己的、そして感謝の念が薄れてきた日本人が、自分自身に放った巨大なブーメランであるような気がしなくもありません



いや、日本はエエ国ですよ、世界的に見ても。現代日本人も民度は高いですよ、世界的に見ても。それは間違いないです



ただ、戦後のGHQ占領政策が功を奏したのか、クソ日教組の偏向教育で刷り込まれたのか、あるいは知識人()文化人()どもの主張するエセ平和&平等思想に洗脳されたか、



多くの日本人は「縦のつながり」を否定・拒否し、時に横のつながりまで拒否するようになってしまいました。そのことにより、先に挙げたような無責任・他人事を善しとするような風潮が生まれたのやないかと思うのです



そして拒否や否定している「つながり」は、本来、日本という国の国力の礎(いしずえ)であり、また誇りの源でもあったはず



それらを放棄してクソ民主党なんかを選んじまうんだもんな。そりゃブーメランにもなるか
(´・ω・`)




ただ、望みがなくなったわけではありません



■Garbagenews.com:人との絆の深まり、助け合い・自立心の向上…震災を経て変化した人の想い(2011.9.21)



震災という、現実に直面せざるを得ない大異変が、人々の心に大きな影響を与えたというデータがあります。震災前よりも「つながり」を大切に考える人が増えたのですね



記事中にもありますように、助け合いと自立のいずれが大事かについては、絶対の正解というものはありません。塩梅というかバランスの問題のような気もしますが



また、つながりを重視する人が増えたとしても、それが一時的なものに過ぎないかもしれません



それでも、やはり人は「帰るべきところに帰る」、心もまた同じ。そう思うのです。つながりが日本人の帰るべきところならば、上のような心の変化は、それこそブーメラン現象となるのやないでしょうか




災いに満ちたパンドラの箱にも、その一番下には「希望」がありましたもんね
(・∀・)



WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

2011/9/14

記事の人気度  日常たわごと君

日頃のご愛読、ホンマおおきにでございます
m _ _)m



地下の底辺で細々と活動している音楽屋のblogですので、基本は放談スタイルなのであります。床屋談義とも言います。まぁ気楽にやってるという意味です(笑



そんで、読者のみなさまはどんな内容に興味をお示しなのか。さすがに2614回も連載しているとデータが取れてますので、ちょくっと見てみますと、



ブッチギリNo.1だったのが、特定アジア、とりわけ韓国・北朝鮮関連の記事でした。うーむ、みなさまやはり関心をお持ちなのか。なんとなくおかしいんじゃないか?と思うてはった方も多いんでしょうね



次いで民主党関連の記事。まぁこれは半島関連とニアイコールでもあります。読者のみなさまも「いいかげんにしやがれ!」と憤りを覚えておられる模様



3番目は、最近ほどんと書いてませんが、ギター改造や分解・組み立ての記事。いまだ過去ログへのアクセスもあります。2ちゃんや知恵袋からリンクされてたこともあるので、その影響もあるのでしょう



逆に人気の無い記事は、1位が経済関連。うーむ、そりゃそうか。詳細を知りたければ専門記事を読みますわな。もう書くのんやめよう
(´・ω・`)



あと世界情勢系も人気がありません。とは言え、それ抜きにしては特ア情勢もわかりにくい面が多々ありますゆえ、たぶん時々、そして細々と書いていくでしょうw



人気がない、これを書くとアクセスが落ちるとネタにしつつ、それでもそれなりに関心を持っていただけてるのが「音楽話」です。よかった(笑



そんな感じですね。あなたの関心度と一致してましたでしょうか?




ニュースblogではありませんので、冒頭にも書いてます通り、主観による放談です。なるべくソースを出すようにはしてますが、そのソースも「主観で選んだもの」であります



また、フラットであることを心がけてるとはいえ、普通の人間(わしのこと)が完璧にフラットでいられるはずもなく、やはり偏りはございます。ですので、気になるネタがありましたら、ご自身でもお調べになることを強く勧めます



まぁ弊blogの主義主張・見解が「面白い」と感じていただければ、そして何らかのキッカケになりましたら幸い、というところです





さてさて、




そんな放談blogではありますが、根拠の無い直感として記したものも、案外当たってるのではなかろうか?と思われるニュースを紹介




■北海道新聞:ロシア・北朝鮮が来年に合同軍事演習 国境付近で救助想定(2011.9.14)

■YOMIURI ONLINE:露、北朝鮮の債務110億ドル全額免除へ…露紙(2011.9.14)




北朝鮮とロシアが急接近というニュース。なりふり構ってられないぐらい、北の困窮度合いがヒドイことになってるのでしょう。だって中国の立場がなくなるもんね



で、ロシアが新たな「宗主国」となる、と。その観点で最近のロシアの動きを見てみると、この直感、あながちお笑いネタでもないような気がしてきた




半島関連でこれも取り上げておきましょう。リンク先の元記事はすでに削除されてますが




■サーチナ:ユーチューブが韓国を遮断 K−POP宣伝ツールに使った報い(2011.9.12)



これね、YouTubeからはまったくリリースされてませんし、事実ならば韓国側でパニックになっているはず。しかしながら、あちらの動きをチェックしてみたところ、YouTubeへのアップロードも閲覧も普通に出来ている模様



つまり、この記事は誤報、ひらたく言えばガセです



2007年、韓国がネット接続の実名制(匿名での発言を禁止)を導入した際に、本人認証ができてない一部のユーザーがネットにアクセスできない事態が生じてましたが、おそらくそれと混同したのやないですかね



つい最近、このよな記事も出てましたし




■livedoorニュース:韓国のインターネット実名制、米紙が「マヌケなアイデア」と酷評(2011.9.8)



この記事の


>韓国政府が、グーグルが運用するユーチュブに実名制導入を要求したところ、グーグルがユーチューブの韓国サービスを遮断していたことも分かった。記事によると、グーグルは個人設定が「韓国」になっているユーザーは、動画をアップロードできないように制限。そのため、韓国の大統領府が、動画を掲載するため国籍を変えるというハプニングも発生したという。


この部分だけを抜粋してサーチナの記事は作られた模様。ちゃんと取材しろよな



まぁでも、彼国のK-POOP人気捏造作戦の実態が広まったことは、怪我の功名といいますか、よろしきことではないかと思います



ちなみに「K-POOP」という呼び名は、こちらのコメントが最初です




■ジェイニュース:米国CNN「韓国メディアがK-POPは流行っているという嘘をつくのは不可解」 海外の反応(2011.8.30)




K-POPじゃないの?POOPってなあに?




■英和辞典 Weblio辞書:poopの意味


【名詞】
《米俗》 ばか,まぬけ
[NINCOMPOOP の短縮形]

【名詞】
ふん,うんち

【動詞】
ふんをする; おならをする

【動詞】
〈人を〉疲れさす

【自動詞】
疲れる




うまいこと言いますなぁw



WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ