2006/11/29

レースから降りた日  日常たわごと君
 
先日まさおさんと呑んでた時に、「いつぐらいから大人になったんやろうか」という話をしてました。酒の席で一気呑みもしなくなり、派手なケンカもしなくなり、イヤな相手でも表面だけは笑顔で付き合えたりと、まだまだ未熟ながらも、いつの間にやら「それなり」に出来るようになっています



いつからなんでしょうか??



アタマを打って挫折して、1つ1つ学んできたうちに、そうなったんやと思いますが、「いつから?」と聞かれると、まったくわかりません。明確に「ここから大人」というワケではありませんでしたので(笑


酒については、飲み屋で出会ったその道の先輩達から、「酒の呑み方」についていろいろ教わってきましたので、結構早い時期に「大人化」してたのかもしれません。あ、あくまでも呑み方だけですよw


その他のことについて、大人化しだした時期はいつなのか?わからないです



ただ、ひとつ心当たりはあります。わし、とある時期に、他人と競争したり他人を追いかけるのが、ホンマにアホらしくなってしまいましてね。そういうコト一切やーんぴ!したのです。たぶん、その頃が1つの境目やったんやないでしょうかね〜


世間では、これを「脱落者」「社会不適応者」などと呼ぶかもしれません(笑。ま、一部は当たってると思いますがw


でも、それ以来、情報に振り回されることも少なくなりましたし、他人を妬むようなこともなくなりました。他人に勝つよりも、自分に勝つ方が、大きな充実感&達成感を与えてくれることに、なんとなく気付いたからやと思います



他人をライバル視するのは、自分のポテンシャルを引き出す意味ではエエんですけどね、何でもかんでもというのは違うなぁ、と。もっと言いますと、他人の作った車に乗るよりも、自分で雑草かきわけて歩いていく方が楽しくなったのですわ



しかしながら、レースから降りて独自の道を行くという考え方は、ともすれば「独善くん」になったり「引きこもりくん」になったりしやすいのです。なので、なるべく人の話は聞くようにしてます。面白いもので、降りて以降の方が、まともに話が聞けるようになった気がします。ちょっとだけですが(笑



これが正しい選択やったのかどうか、今んトコわかりません。相変わらずシンドイことは増えていく一方の日々ですが、それでも今は、不思議なぐらい楽しく、そして幸せです。これがこの先も続くのかどうか…??



わしゃアレだ、音楽的にもそうなんですが、人間的にもでっかくなりたいなぁ。うん、みんなと同じやなくてもエエよ。わしやもんw

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ