2006/9/29

スカイプ・実践編  PC、ネットなど
 
連続でSkypeの話題です。興味ない方はごめんちゃい。初めて実通話してみました。いやー、思ってた以上に良好です。やや高域あがりの音質ですが、携帯のそれよりも、遥かにリアルです。ちょっと驚き


今回はハンディホンではなく、ヘッドホン&マイクでやってみました。自分の声がモニターできない分、通常の会話に近い感じがしましたよ。ヘッドホンなので、相手が目の前にいるような感覚もありました


ウィルコムなどのPHSでも、特に問題なく通話できるようです。信号の遅延も、思ったほどではありません。むしろ携帯の方が気になるぐらいです



遠距離恋愛な方々、単身赴任な方々、私用で国際電話の多い方々には、かなりお勧めですw



Win機+ブロードバンドの方なら、Skypeソフトをダウンロード(無料)して、あとはヘッドホン&マイクを用意すればOKです。Macの場合はちょっと違いまして、ヘッドホンはエエとして、マイクはUSBかFirewire、Bluetoothなどで接続する必要があります。対応マイクの入手が出来ない場合、それらで接続できるオーディオインターフェースを用意せにゃなりません



一部iMacなどには「マイク入力端子」がありますが、あれは正確には「外部入力(LINE/IN)端子」でして、そのままマイクを挿しても、ゲイン不足で小さな音にしかなりません。Win用のヘッドセットの多くが「Macには対応してません」となってるのは、そのためです。間にプリアンプをかます必要があります。楽器用の安いもので十分ですが


専用ヘッドセットを買うた方が早いでしょうな。ただ、G3機なんかの古い機種には対応していないものもあるようです。購入時にはご注意を。ちなみに、Skype for Mac OSXは、OS10.3以上が必要です



さて、明日はライブです。がんばるどー!来てね♪




では本日も、締めは「似ている画像シリーズ」でww

クリックすると元のサイズで表示します
このロボットの名前がわかりません orz

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ