2006/6/28

Blue  音楽総合
朝から耳鼻科に行ってきました。やはり初期の中耳炎とのこと。風邪やら鼻炎やらを放置しておくと、その細菌が耳をイタズラして中耳炎になることも多いらしいです。そうえいば、やたらクシャミが出てました。花粉症やなかったのかいな?


とりあえず、薬(たぶん抗生物質)をもらい、しばらく通院するよう言われました。じゃまくせー!おまけに治療費高っけェー! orz



さて、仕事から帰ってくると、1本の電話あり。イヤミなぐらいオーディオに詳しい知人からで、もうマイクは買うたのか?と聞いてきました。MXLのV67Gを買う予定ですが、サウンドハウスに入荷するのが今月末とかで、まだオーダーしておりません


と返事すると、「いやぁちょうど良かった。なかなかナイスなブツがあってね。きっとチミなら一目見て気に入ると思うんだ。よければ見てみないか」という、まるで怪しいビジネスの勧誘のようなトークwww


Webで調べるのでメーカーと品名教えてくり、とサラリと流しておきました。このあたり、わしも結構オトナです(笑。だいたい、音を聞いてナンボなマイクを、なんで「一目見て」気に入るもんかいな。たぶんヘンなカタチのマイクなんでしょうが、わしゃルックスとかブランドはどうでもエエんですよ、そこんとこわかっとるのかね?


などとブツブツ1人で文句を言いながら、ちょいと調べてみました→コチラ:Blue Microphones



はっはっはっはwww



なんじゃコレ?ww



クリックすると元のサイズで表示します


その名もズバリ「BALL」というマイク。ええ、球体なんですよ。スタンドもケーブルも直に挿せますので、まんま「ボール」型です。カタチだけ見れば、ロカビリーでお馴染みのガイコツマイクよりも、遥かにインパクトがあります


こやつ、ダイナミックマイクのくせに、ファンタム電源が必要という、これまたカタチ同様に変わったタイプ。肝心の音はどうかといえば、マイク試聴サイトで聞いてみたところ、SM57/58よりもクリアで、フラットな音でした。エレキギターや男性Voの録りには良さげです


しかも、お値段も手頃ときたもんだ。うーむ、これは確かにそそられます。妙にバカバカしいカタチが、さらにそそってくれます(笑



誰かわしに買うてwww

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ