2011/11/2

奪うから育てるへ  日常たわごと君

いつもご愛読ありがとうございます。今日は時事放談のようでいて、徒然雑感blogなのであります。ちなみにココは音楽屋blogですw



欧州の経済危機や米国のTPPうんぬんを見てて、ふと思いました。あれは結局、狩猟生活のDNAというか、その考え方を是としてやってきたのが根本的な原因ではないかと



クリックすると元のサイズで表示します



ちょっとわかりにくいな。えーとですね、狩猟生活ってのは、基本「外へ出て狩りをする」もので、獲物がいなくなれば、また場所を変えて狩りをするという生活ですよね



自分が狩りをする場所が無くなれば、誰かの猟場を横取りする。それでも場所が無くなれば、エサを撒いておびきよせ、新たな猟場をつくる。それが狩猟民族の基本的な「生き方」なわけですが、



植民地政策やグローバリズムって、キレイ事並べてみても、狩りと同じやと思うのです。自分が生きるためという口実を持ちつつも、それは「奪うこと」であり、「征服すること」であり、「支配すること」であり、等々



歴史をふりかえってみても、そのことがわかります。英国ですと、産業革命の時代には、自国民が「狩りの対象」でした。そして大航海時代に入りますと、他国民が狩りの対象になったのです



先の大戦で植民地を失った欧州は、金融という「新たな猟場」を得ましたが、そこも限界に達してしまった。もはや次の猟場を作りようがない、というのが現状の経済危機ではないかと思うのです



米国も同じく。自国の抱える問題の解決を、他国に求めております。結局のところ西洋の歴史というのは、その時点でのパワーバランスによって「猟場の持ち分」が変わってただけに過ぎないのかもしれません



なんせ地球というフィールドは果てしなく広大なようでいて、人間の活動範囲は知れてますからね。資源に限りもありますし




だがちょっと待て。




奪う、狩るを是とするからアカンのじゃないのか。それを「育てる」にすればエエんじゃないのか




ということで、育てるを是としてきたのが、我が国・日本。資源も少なく、自然災害も多かったので、とにかく育てる・工夫するを是としなければ生きてゆけなかった。忍耐の精神性も、その環境から養われたのでしょうね



これは欧米の価値観とは対極にあります。第二次世界大戦(大東亜戦争)ってのは、まさにこの価値観と価値観のぶつかり合いでもありました



余談ですが、植民地政策においても、欧米の搾取一辺倒とは違い、日本は「育てる」を基本としていました。まぁ外地へ金を突っ込み過ぎて国民が貧乏になるという、本末転倒なことをやってはいましたが



歴史上類を見ない残虐な支配だった!などとニダの国が言うとりますが、残虐な支配でなぜ人口が2倍に増えたのか?




クリックすると元のサイズで表示します




そういえば、さすがの韓国人も、ギリシャの斜め上っぷり非道っぷりには負けてますな。たぶん、間もなく追い抜くようなことをやってくれるんだろうけど




話を戻して。現状を打開するためには、奪うではなく「育てる」を是とした価値観にシフトするべきじゃないか、と思うのです。産業にしろ、技術にしろ、人=教育にしろ、礼節や秩序にしろ



これは昨今の日本国内についても言えることです。ぶっちゃけ現代日本は、世界に比べてマシとはいえ、育てることをおざなりにしています



そんなわけで、いわゆるパラダイム・シフトの肝はそこにあり!ではないかと思うのですが、しかし、千年以上の永きに渡って欧米で受け継がれてきた考え方を、そう簡単に変えることが出来るのでしょうか



難しいよね。宇宙人でも来なきゃムリかも
(´・ω・`)




ちなみに、1枚目の画像は「はじめ人間ギャートルズ」というアニメからなのですが、その最終話(第134話)は、こんな内容なのです




ブンメーという見慣れない男が現れた。山のゴリラを手なずけギャートルズ平原を開拓し種を蒔く。狩りで暮らしていたはじめ人間たちはその様子を不安そうに見守るが、秋になればシュウカクがやってくると謎の科白を吐く。やがて秋になり……



ブンメーは「秋にシュウカクがある」と言って、はじめ人間たちを農作業に使います。慣れない管理生活に疲れ果てるはじめ人間たち



そして秋になると、田んぼには黄金色の稲穂がたくさん実りました。と、そこへ



マンモー(マンモス)の大群が押し寄せてきたのです。田畑は荒らされ、ブンメーは蹴散らされましたが、はじめ人間たちは「これがシュウカクなんだ!」とマンモーを狩り、一件落着。というお話




ハッピーエンドのようだけど、今回の話に照らし合わせるなら、いくら欧米にパラダイムシフトをうながしても、根本的にムリなんじゃないかと思えてしまいますな
(´・ω・`)



まぁすべての欧米人がそうでは無いでしょうから、うまく接点が見つけられるとエエなぁと思うときます




WOEPライブ情報
11月13日(日)
心斎橋 サンホール

16時半OPEN 前1500円/要1drink
※久々のサンホールです!


12月4日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN 円/要1drink
※西堀風之介さんとanbaの夢のアニソンコラボライブ!





WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ