2011/6/28

暮らしと放射線  時事・社会
 
このblogでもたびたび原発について書いておりますが、とてもわかりやすいコピペが回覧されてきましたので、ちょいとご紹介




19:名前:名無しさん@12周年:2011/06/27(月) 11:54:02.10 ID:D7Zy1KdL0

● 原発関連スレでの知っておいて損はない知識 ●

原発反対には2種類の人がいるようです

(1) 今すぐ全部止めろ
(2) 現実的に今すぐは無理だろうけど代替エネルギー政策やって数年スパンで止めるべき

原発賛成には2種類の人がいるようです

(3) 海外頼りのエネルギー政策はまずい。代替エネルギー政策進めて落ち着くまでは原発しかない
(4) 原発しかない

(1)は中核、左翼などが主体だと先日のデモでバレた。日本の原発は悪くて他国の原発は良しとする傾向がある

(2)と(3)の人は言っている内容が実は同じ。レスに賛成か反対かを書いてしまうので論争になる

(4)は滅多に見ないのでどういう主張かよくわからない

これを踏まえてアンカーをつけてみると、実はほとんどの人は(2)か(3)なのである
言いすぎな面もあるが、確かに(1)=反原発原理主義とは話をする価値がない。
とりあえず(1)の連中を黙らせてから、(2)と(3)の立場の間で議論すべきかと。




これに照らし合わせてみれば、その人の立ち位置もよくわかります。報道メディアの姿勢もわかりやすくなりますね。ちなみにわしは、(2)寄りかな。まぁ数年でどうこうなるとも思えんのですが



原発、とりわけ現在もなお対応に追われている福島第一原発、そこから拡散された放射性物質については、不安を抱いていらっしゃる方々も多いことでしょう



まずは、以下の複数のデータをご覧になるとエエかと思われます



■日本地質学会:日本の自然放射線量

クリックすると元のサイズで表示します



中部地方の一部や西日本で線量が高いのは、花崗岩を含む地質が分布しているためやとか。花崗岩にはウラン、トリウム、カリウムなどが含まれておりますの



原発事故以降、一般の方々がガイガーカウンターで線量を測定してたりするようですが、測定器の特徴とともに、こういった自然放射線量があることを知っておかねばなりません。事故前と事故後を比較することも必要



そしてさらに、これも加算しておかねばです




■農業環境技術研究所:黄砂とともに飛来する放射性セシウム(137Cs)



何年も前から「春先に具合が悪くなるのは、花粉じゃなくて黄砂のせいやないのか?」と主張し続けているわしですが、セシウム137が飛んできとるのですな。濃度の問題はあれども、わしらもナンボか吸い込んでますぞコレ



土壌をはじめ、野菜なんかにも付着しとるやろうね。となると、知らん間に内部被曝を喰らってるわけか。中国の核実験って、1964年から1996年までやってましたから、見事に胎児の頃から被曝してますがな
(´・ω・`)





クリックすると元のサイズで表示します



うん、そうだよね。「ちょっとでも内部被曝したらガン死」説がホンマなんやったら、わしゃすでに死んでないとおかしい。しかし、いまだ世にはばかりつつ生きております





クリックすると元のサイズで表示します



ただし、実験場となった東トルキスタンでは、放射性物質による被曝が原因とみられる急性症で死亡した人が非常に多い、という情報もあります。わしが生きているからというて「安全だ」と言い切れるものではない、とは思います



■:専門家が答える 暮らしの放射線Q&A



日本保健物理学会の会員を中心とした有志により運営されているサイトで、一般からの質問を受け付けています。実情に則した情報が得られますので、ぜひご一読下さい



専門家は机上論だけでしか語っていないッ!と批判するヒトもいてますが、そんな連中に限って基礎を踏まえないトンデモ理論を信奉してたりします。まぁアホかと、バカかと



まずは専門家の意見に耳を傾けるべきでしょう。そして「正しく恐れること」、これが大切です。でないと(1)のような輩に利用されるだけだからね




WOEPライブ情報

7月3日(日)
長居 DEPO

18時半OPEN 1600円
※WOEPの出演は21時頃の予定


7月16日(土)
日本橋 太陽と月

19時OPEN 1000円/要1drink
※anbaの弾き語り

 
 

WOEP 公式website


web拍手もよろしく!→

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ